売れる商品の探し方と、仕入れても販売できない商品の注意点!

さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。

Amazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

 

私のブログに来てくれてる方は
どんな話に興味があるか聞きたくて

先日ブログにアンケートを作らせてもらいました。
↓↓↓

まだ投票受け付けてます!

選択肢になかったら、コメント欄に書いてもらえたら
その話をしようかなって思います^^

どんな話に興味がありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

 

 

=========================

投票の中で、

『私が何をつかって勉強したか?』について

昨日の日記で書きました。
よかったら見てください→こちら

 

 

『売れる商品の見分け方』については、
 以前モノレートで仕入れられるモノの探し方を書いたので
 今回はそれについて補足を書きます。

関連記事:仕入れられる商品の探し方

 

『商品の仕入れ方』については
特に詳しく作って
プレゼント企画にする予定なので
もう少しお待ちください^^

 

投票ありがとうございます。
大変励みにさせてもらってます!!

==========================

1.売れる商品を見分ける方法

 

売れる商品の見分け方については、
モノレートというサイトで
商品のグラフをみるのですが、

それについては以前の記事
少し書かせてもらったので

今日は
モノレートをつかって
どうやって
売れているものを探すのか…について
書きたいと思います。

 

 

1-1.リピートされやすい商品を探す

何を検索するか、ですが

よく売れる商品は
リピートされやすいモノが安定的です。

 

例えば、化粧品、サプリなどは
なくなったら買い足す需要があるので

同じ人が何度も同じものを買う可能性が高いです。

 

 

化粧品の中でも、

化粧水、クレンジング、クリーム、
ホワイトニングクリーム、
エイジングクリーム、アイクリーム…など

 

 

化粧品の用語を検索すると、
色々な化粧品がズラ〜〜っと
出てくるので

 

その中から、
ギザギザの多いグラフを探せば

売れる商品が見つかります。

 

 

 

 

 

例えば、アイクリームだったら…

こんな感じで、スクロールすると
たくさん出て来ます。

モノレート アイクリーム

 

上のアイクリームより、
下のアイクリームの方が
ギザギザしているので
売れている商品です。

 

 

 

売れている商品をクリックして

 

 

月に何個売れているか
(→グーグルクロムの拡張機能で
  モノゾンを入れると数字が出ます
  この場合は、過去3ヶ月間で40個)

 

 

 

何人が販売しているか、

(この場合は緑の数字で11人)

 

 

 

実際の他の人たちの販売価格を
みることによって

(緑の新品というボタンをクリックすると
 各出品者がいくらで売っているかを
 みることができます)

 

 

月に自分が何個まで売れそうか
予想することができます。

 

 

 

 

「クレンジング」で調べてみても、
 こんな感じで
 ギザギザのものが
 たくさん見つかります。

 

1-2.悩み解決系の商品を探す

 

悩みを解決したい人は、
ネットで検索して
購入することが多いので

 

悩み解決系の商品も
人気が高い傾向があります。

 

 

また、相場も高い傾向があるので
仕入れる時に探しやすいです。

 

 

 

 

たとえば、「育毛」で検索すると、

こんな感じで
ギザギザの多い(=売れている)ものが
みつかります。

 

 

「女性 育毛」などで
調べてみてもギザギザの多いものが
たくさん見つかります。

 

 

 

 

こういった商品を

毎月何人が何個売っているか調べて

 

相場よりも安く手に入れられる場所がないか
探して

仕入れることができれば、

 

 

 

あとはAmazonの倉庫に送れば
勝手に売れて行きます。

 

 

 

このグラフさえ見れば、
売れ残りの心配や
在庫を抱える不安は
ほとんどありません。

 

 

 

 

 

ほとんど…というのは、

実は
ギザギザなのに売れない!!という
場合も存在します。

 

 

 

注意すべき点があるので
それについて書こうと思います。

 

 

2.売るのに注意が必要な商品をモノレートで判断できるか?

 

 

実は

 

 

さとりん
売れると思って仕入れたのに、
売れない商品だった!!!

ということがあります。

 

 

 

2-1.製造メーカーが販売を制限する場合

 

製造メーカー自体が
ネット販売を制限する場合があります。

 

 

 

複数の出品者が価格競争をして
値下がりが起こると、

自分で作った商品を
見合わない価格で売られてしまい
自社ブランドの価値が下がってしまう懸念もありますし、

 

 

製造メーカー以外から
流通された商品を販売されると
保証ができない場合もあり
お客様に迷惑がかかるという懸念もあるからです。

 

 

 

 

こういう商品は
モノレートで予測することが可能です。

 

 

 

危険なグラフは以下の通りです。

  1. 出品者が1人か、中にメーカーがいる
  2. 出品なしの場合は、出品されたらすぐ消されている
  3. 出品者が定期的に激減している

 

 

一つずつ説明させてください。

 

 

 

1.出品者が1人か、中にメーカーがいる

の場合はこんなグラフです。

ランキングがギザギザになっていて
よく売れる商品であるにもかかわらず、
出品者が少ない場合は、
メーカーとその代理店のみでしか
販売を許可されていない場合があります。

 

 

 

2.出品なしの場合は、出品されたらすぐ消されている

の場合はこんなグラフです。

出品したらすぐに、
「販売しないでください」と
メーカーから注意を受けている状態なので、
こういう状態になっています。

 

実際に売れている場合は、
一番下のランキンググラフも
ギザギザになるのですが、

 

一番下がギザギザになっていないのに
出品者が消えている商品は
注意がくる商品の可能性が高いです。

 

 

 

 

 

3.出品者が定期的に激減している

の場合はこんなグラフです。

 

出品者が一斉に制限を受けて
出品できなくなるので
急に減っていることが
出品者数から見てとれます。

 

このような商品は仕入れても
販売できなくなることがあるので注意してください!

 

 

 

 

 

2-2.法律に引っかかるような内容で
Amazonが商品ページを削除する場合

 

 

Amazonは、
法律にひっかかるような宣伝文句で
商品が掲載されていないか
チェックしています。

 

薬事法にひっかかりそうだ!とか
チェックが入ると
商品が削除される場合があります。

 

 

こんな感じで通知が来ます。

(商品名を載せていいかわからなかったので
 商品名の部分だけ消しましたが、
 この商品はメーカーが広告文を修正したのか
 再度ページが作成されていました。)

 

 

 

 

 

こういった商品は

広告文などが見直されて
再度登録できる場合もありますが、
一時的に販売ができなくなったり、

 

再度登録できない場合は
今後も販売できなくなる可能性があります。

 

 

 

この場合
残念ながら、グラフで予測することはできませんが
そんなに頻繁にくるものでもありません。

(私の場合は1月から2382個販売していますが、
 商品削除のお知らせは全部で7回です。)

 

 

グラフで把握できない部分は
運が悪かったと流して、
Amazon以外のフリマアプリで販売すれば
大丈夫です。

商品削除のお知らせを恐れず、
こういう時もある、という参考に
していただけたらと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

内職で100円以下の時給だった子持ち専業主婦の私が、 ビジネスの勉強をして、 即効性のある物販を選んでやってみたところ 1歳、3歳のワンオペ育児中でも 4ヶ月で月商188万円、月収50万円を達成! 家にいながら収入を得たい女性を応援します!!