主婦でも夫に負けない収入を得るための【モノレートの見方】

仕入れられる商品の探し方
さとりん
こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。

 

時間の取れない主婦でも
効率的に物を販売できる方法は
Amazonを販路にすることですが

(リンク作成予定:育児中、時間の取れない主婦でも
収入を得るための効率の良い物の売り方)

 

そのAmazonで販売する際に、

モノレートというサイトを
見られるようになると

商品を仕入れてもいいかどうかが
わかるようになります。

 

複雑な内容ではないのですが、
初めて見た時は
見方がわからなくて困ったので
わかりやすく伝えることだけを考えて
書きたいと思います。

 

1.売れている商品かどうかをみる

例えば、今手元にある電卓が
CanonのHS-1020TUCだったので、
これを調べる商品とします。

 

モノレートのサイトを開いて
モノレート

商品名を打ち込みます。

検索ボタンを押すとこんな風に出てきます。

 

売れている商品かどうかは、
グラフの一番下を見ます。

(ランキングっていうところです!)

 

これが売れていない商品の場合は

こんな感じでジグザグしてないです。

 

すごく売れている商品の場合は

めっちゃジグザグしています。

このグラフは商品のランキングを表しているので
売れるとランキングの順位が上がることを意味しています。

そのため、
これがジグザグしているかどうかが
売れる商品かどうかです。

 

例にあげた電卓も
すごく売れているわけではないですが、
ジグザグしているので
売れる商品だとみることができます。

(かなりざっくりですが、
 順を追って詳しく説明します。)

 

2.出品者の人数・内容をみる

 

ここで注意するのが、
他に売っている人の存在です。

複数の人が売っていると
それだけ売れにくくなることがあります。

誰が売っているか調べるには
新品だったら新品のボタン、
中古だったら中古のボタンを押します。

たとえば、新品の場合は
人数が11人ですが

値段はバラバラで、
一番安く出品している人から
販売できるようになっていることが
わかります。

 

補足

primeとついているのは
商品はAmazonの倉庫から発送されます。

primeの出品者は、
Amazonとの特別な契約を結んでいて、
比較的優先して販売してもらえます。

ということは、

出品者が11人いても
自分が12番目になるわけではなくて、

安い価格で販売できれば
優先的に販売することが可能です。

(価格がみんな同じで大量に出品者がいる時は、
 安い価格にしていてもなかなか売れないので
 月に何個売れているかを把握して
 出品者の数で割って目安を出す必要があります。)

補足
Google Chromeの拡張機能の
モノゾンを入れておくと
月に何個売れているか数値でわかるのでオススメです!

(リンク作成予定)入れておくと便利な拡張機能について

2.どの値段の時に売れているか

このグラフの場合は
価格があまり変わっていないのですが、
グラフの上のタブの
「3ヶ月」を「すべて」に変えると
全体の期間をみることができます。

そうすると、
もともとAmazon(濃い緑)が販売していたときは
1500円付近だったけれど、
Amazonが販売しなくなって
1年以上2000円付近が
最安値であることがわかります。

 

さらに上のグラフと下のグラフを見比べることで
値段が上がってからも
ジグザグしているので
価格を2000円に上げても
需要があったことがわかります。

 

3.いくらだったら仕入れてもいいか

この電卓の場合は
いくらまでなら仕入れられるのか
を調べます。

  1. まず、このASINというところの「B005PQ9BG8 」をコピーします。
  2. 「FBA料金」のボタンを押すと、料金を調べるページになるので、
    コピーした「B005PQ9BG8 」を貼り付けます。
  3. 売る予定の金額を入力します。
    例として2000円と入力します。
  4. その状態で計算ボタンを押すと、

    手数料を引かれた時に1329円になることがわかります。
    ここから予定したい利益(私の場合は20%)になるように
    商品原価を入力します。

    ちなみにこの商品の場合は925円ほどの時に
    利益が20%でした。

 

倉庫に送る送料もあるので、
(一度に送るので私の場合は一つあたり20~30円のことが多いです。)

この商品は900円以下で仕入れることができる場合には
購入しても大丈夫です。
(メーカーページで確認したところ
 定価5000円なので、難しそうですが…)

 

補足

例として電卓を上げましたが、
売値が3000円以下の低価格のものは
万が一の値下がりの場合に
予定利益分の金額で吸収するのが難しくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

内職で100円以下の時給だった子持ち専業主婦の私が、 ビジネスの勉強をして、 即効性のある物販を選んでやってみたところ 1歳、3歳のワンオペ育児中でも 4ヶ月で月商188万円、月収50万円を達成! 家にいながら収入を得たい女性を応援します!!