【Amazonで物を売る在宅ワークってどうなの?】商品を置く場所が必要? ☆主婦にうれしい節約:Amazonで安く買うための小技も紹介☆

さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。

Amazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

専業主婦のママ友から

「なんか暇な時間、
 内職とかで
 お金もらえないかな〜

 さとりん、
 なんかやってるんだっけ?」

と聞かれたので、

「Amazonで
 物を売る在宅ワーク(物販)してるよ〜」

と言ったら、

 

「あぁ、そういうの無理、
 うち狭いし、もう物置くとこないから。」

と言われたので、

 

私の商品置き場は

使わなくなった
ベビーベットのスペースのみ、
という話をしました。

 

1.商品が届いたら
 ベビーベッドに置いてます。

 

だって、子供たちに触られたくないから。

「ベビーベットには登らないでね」

と、普段からかなり強めに言ってるのと、

ベビーベッドの下に
おもちゃを置いているので

ベビーベッドの上には目もくれません。

雑然としていますが、こんな感じです。
(ダンボールの中には
 フリマアプリに出品中の家の不用品が
 入っています。)

 

この中に商品が溜まってきたら
出品登録をして
Amazonの倉庫に送る、
という手順になるので

 

家の中には
これ以上
商品は増えていきません。

 

2.Amazonの倉庫に置かせてもらうには…

 

 

Amazonで販売する時には
FBAといって
Amazonの倉庫から
商品を送ることを
選ぶことができます。

 

商品を倉庫に置かせてもらえる上に
管理、発送、アフター対応まで
Amazonがしてくれるという
素晴らしいオプションです。

 

これによって
私のような主婦でも
発送の手間をとられることなく

商品が溜まったら
倉庫に送るだけで
売り上げが発生するようになります。

(※イメージ画像です)

関連記事:商品が届いてから倉庫に送るまでの内容

 

逆に自己配送と言って
メルカリやヤフオクのように
出品して自宅から発送、
アフター対応を
自分ですることもできます。

 

Amazonでの出品の場合は、
値下げ交渉とかはないので

価格調整はツールに任せて
もしも売れ残っていたら
自分で値段を調整します。

 

3.Amazonの倉庫を使うのにお金がかかるの?

 

Amazonの契約には、
大口と小口というのがありますが、
Amazonに聞いたところ、
どちらの契約でも
Amazonからの発送を利用できます。

 

Amazonの倉庫を使わせてもらって
自動で発送してもらう

FBAを利用するために
販売者にかかる費用

以下の4つです。

 

  1. 倉庫に置かせてもらうための
    月額保管料
  2. 半年以上売れてないときにかかる長期在庫保管手数料
    (2月と8月にチェック)
  3. 返送や廃棄してもらいたい時の手数料
  4. Amazonから送ってもらう時の発送料

 

 

1から3の費用に関しては
すぐ売れるものを仕入れれば
全く問題ありません。

 

 

ちなみに、
月額保管料はよほど大型の物でなければ
大きな金額にはなりません。
(本のサイズは1円程度、
 歯磨き粉のサイズで10円弱、
 500mlのペットボトル5本分で100円弱)

 

大型のものを納品するときは
注意が必要です。

小さいものでも
長いこと売れ残っていたら
チリツモになります。

売れるものを仕入れるために
モノレートを見て判断しましょう。

関連記事:売れるものか判断するためのサイト:モノレート

 

それでも売れなかった時は、
半年に一度
長期在庫保管手数料
かかります。

縦横高さ10cmごとに
1回目は87円、
2回目以降は174円、

大きなものだったら
結構な金額になります。

 

ちなみに
私は2018年の1月から
Amazonの倉庫を
利用させてもらっていますが、

今のところ
一度も長期在庫保管手数料
かかったことはありません。

 

でも、
売れるか調べてから買っても

急に出品者が増えて
売れなくなることも
考えられます。

 

 

そういう場合は

小型のものは51円、 
大型のものは103円で

倉庫から自宅に返送することを
選べます。

(廃棄してもらう場合は、
その5分の1の手数料です。)

 

リスクはかなり低いことがわかります。

 

さらに4の発送料は、
小型商品でも大型商品でも
360円ほどで
ほとんど変わりません。

小型商品の場合なら
郵便局から140円ほどで
発送できる内容の時でも
360円がかかってしまいます。

ただ、
Amazon倉庫からの発送の方が、
売れやすく、
自己配送の出品者より
220円以上高くても
売れていることも
あります。

 

 

余談ですが…

逆にこれによって、
Amazonで安く買い物をする方法がわかります。

例えばこんなとき、

そのまま買い物かごに入れれば
4100円です。

でも、この新品の出品というところを押すと
こういう画面が出てきます。

一番上の出品者が
自己配送の出品者です。

ここを選べば3,840円で
買うことができます。

 

 

話を戻しますが…

 

一度にたくさんの商品が
売れる事を考えると、
自己配送は大変な労力です。

 

↓こんな感じでメールを開くと
Amazonから発送しましたよ、
というお知らせが届くようになります。


お客さんから注文が入ったら、
梱包して、
朝の3:46に
Amazon倉庫から
発送してくださっているわけです。

本当にありがたいです(;;)

 

 

とはいえ、
不用品などの売れるかわからないものを
売りたい場合は
1〜3の費用がかかると勿体無いので
自己配送で、(それかフリマアプリ)

 

在宅ワークとして活用する場合は
AmazonのFBAを利用するのが
オススメです!!

 

 

4.FBAを使うと仕入れと登録、発送だけに集中できる

 
FBAを利用するメリットは、
家に場所をとらないことは
もちろんですが、
 
 
 
Amazonから発送してもらうことで、

仕入れと登録、発送だけに
集中できることです。
 
 
 
主婦がスキマ時間で稼げるとか
怪しい広告がありますが、
 
 
Amazon販売は
FBAによって
自分の限られている時間を
仕入れと登録、発送に集中できる事で
 
 
私のような
子育て中の主婦でも
収入を得ることができます!!
 
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

内職で100円以下の時給だった子持ち専業主婦の私が、 ビジネスの勉強をして、 即効性のある物販を選んでやってみたところ 1歳、3歳のワンオペ育児中でも 4ヶ月で月商188万円、月収50万円を達成! 家にいながら収入を得たい女性を応援します!!