【在宅ワーク】Amazon倉庫に納品するダンボール、気をつける5つのルールと小技!【注意喚起も!】

【在宅ワーク】Amazon倉庫に送るダンボール、気をつける5つのルールと小技!【注意喚起も!】

 

さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。

在宅ワークのAmazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

今日は、

実際に主婦の私でも収入になった

在宅ワークのAmazon物販の中から

ダンボールについて詳しく書きたいと思います。

 

Amazon倉庫に商品を送る時のダンボールのルール

 

 

Amazon倉庫に荷物を送る時の

ダンボールにはいくつか決まりがあります。

 

覚えちゃえば簡単ですが、 

違反すると着払いで送り返されるので

念の為ダンボールを用意する前には

確認しておきましょう!!

 

ちなみに私はこのルールを調べたので

戻ってきたことはありません!

安心して確認してください^^

 

その1.  ダンボールの大きさのルール

 

まず、大きさが

50cm×60cm×50cm以内であること!

実際160サイズのダンボールって

女の人が持つとこんな感じだから

160サイズの図

 

持ちやすい大きさのダンボールにすれば

いちいち図る手間もなくなります。

 

私が利用してるのはこれくらいの大きさです。

 

120サイズの図

 

よくAmazon物販のダンボールについて

160サイズギリギリの方が

送料が下がる!っていう意見も見るんですが

 

無理に大きいダンボールを使わなくても

送料のことはヤマト便を利用すれば解決です!!

 

補足

期限のあるものを送るときは

ダンボールを分ける必要がありますし…

Amazon物販の在宅ワークで期限がある商品の送り方と送料削減方法!

 

 

ちなみに先日ヤマト便利用した時は、

任意保険料を含めても
6箱で2348円でした!(1箱あたり392円)

実際の領収書の写真

 

補足

ヤマト便を使うために

送り先をまとめる裏技は

こちらの記事で書いてます。

Amazon物販の在宅ワークで期限がある商品の送り方と送料削減方法!

 

 

その2.  ダンボールの重さのルール

 

標準の荷物は、30kg以下であること!

 

これも大きさと同じく

持ちやすい重さだったらOK!ということで

私は10kg以下くらいの持ちやすい重さで

納品してます!

 

家に集荷にきてもらう場合でも

玄関までは運ぶと思うので、

主婦にとって「重すぎない」方が

ありがたいですよね^^

 

その3.  複数の箱をまとめないこと!

 

これは、親切な配送業者さんだと

「まとめると送料さがりますよ!」って

教えてくれるんですが、

 

断ってください!

 

私は以前ヤマト便の良さを知らずに

ゆうパックで送っていた時に

郵便局の職員さんに提案してもらったことがありますが、

 

この提案を受けると

Amazon倉庫でルール違反になるので要注意です!

 

このルールもヤマト便を利用すれば解消ですね^^

 

その4.  ダンボールを改造しているものはダメ!

 

中に入れる商品と大きさが合わないからといって

ダンボールを小さくしてしまったり

逆に大きくして継ぎ目をガムテープで貼ったり

というのはルール違反になるので気をつけてください!

 

Amazonのマニュアルに例が載っていたので

貼っておきますね。

改造ダンボールの図 改造ダンボールの図

 

その5.  強度の弱った破れてるダンボールはダメ!

 

中の商品をお客様に届ける、

という観点でいえば

当然のことですが

 

破れてしまって中の商品が破損している場合は

受け取ることができません、と載っています。

 

これも実際にAmazonが載せている

写真を貼っておきます!

Amazonの破れたダンボールのず

 

以上が納品の時に気をつけるべきことです!

 

ダンボールは買うべき?それとももらうべき?

 

これは、

Amazon物販をやっている人の中でも

意見が分かれるところですが、

 

 

もしあなたが

車でスーパーに行く主婦だったら

もらうことをオススメします!

(あとはスーパーが近くて
 ダンボールを運ぶのが苦じゃない場合とか)

 

我が家の場合はバリバリ田舎なので

車でスーパーに買い物に行って

買ったものをダンボールに入れてもらってきます。

(買い物のためでなければ
持っていかないでって書いてあるので)

他にもネットショップから仕入れた時には

そのダンボールをもう一度使ってまかなっています。

 

もらう場合はサイズが選べないので

逆に送料で高くなっちゃう…と

ダンボールを購入するAmazon物販の方もいますが、

私の場合は上で書いている「ヤマト便」で解決です!

 

小さい箱の方が他の商品とぶつかりにくいし 

運ぶ時に重くないので

スーパーでもらうお菓子の箱とかお茶の箱とか

気に入ってます!

 

追伸1:つぶれやすいものを送る時のちょっとした小技

 

大きいダンボールの中に

小さいダンボールを入れて

つぶれやすい商品だけ小さい方に入れると

安心です。

 

つぶれやすい商品だけ小さい方に入れた図

 

倉庫の人がわかりやすいように

小さいダンボールの上は

すぐに開けられる状態で

ガムテープは貼らないようにしています!

 

追伸2:格安運送業者に注意!

 

私はヤマト便を知る前は、

CC便というAmazon専用の格安運送業者の

発送券を購入していました。

 

その時期は1枚500円で

関東圏のAmazon倉庫に送ってくれる、

という内容で

 

普通にゆうパックなどで送ることに比べると

半額以下だったので50枚買いました。

 

 

天候によっては

半月ほど届かなかったり、

 

荷物が多い時期には

受け入れしてもらえるのが半月先だったり、

 

そんなこんなで格安運送業者は

経営が破綻して潰れてしまい、

25枚残っていた券はパーになりました。

(なぜか600円だけ返金されました)

 

ショックでしたが、

 

ゆうパックで送ってても

1箱1000円はかかっていただろうし、

 

送料はほんの一部で

利益は出ているので

 

いい勉強になったと思ってます。

(こうやって注意喚起できたし)

 

ということで、

格安運送業者さんには

注意してくださいね!

気をつけて

在宅ワークの収入を変えた動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)