【家で収入】Amazon物販は出品方法によってスキルがいらない理由【途中4コマ有】

さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。


在宅ワークのAmazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

家にいながら収入をえるには

特別なスキルが必要なんじゃないの?

 

という声を受けて、

 

今日は

Amazonで出品する方法によっては

商品知識やスキルが必要ないこと、

 

利益を上げるために

何に気をつけるべきか…について

書いていきます。

 

Amazonで出品するときの商品ページの違い

 

Amazon 商品ページ

上のように

商品が載っているページを

『商品カタログ』と呼ぶのですが、

 

Amazonの商品カタログで

出品するには

主に下の2つの種類があります。

 

新規出品

     新しくカタログを作って出品すること 

 

相乗り出品

     すでにあるカタログに出品すること

 

 そして、

 私が今までに利益を出したことがあるのは

 全て相乗り出品です。

 

 

 なぜかと言うと

 だれも

 出品したことのない商品は、

 データがないので売れ行きがわからないからです。

 (よく売れている商品のセット販売とかの新規出品は例外ですが)

 

 

 もしも、あなたが

 何が売れるものかわかっている

 マーケティングの達人で、

 

 新しく出品する商品も

 売れるの間違いなし!という自信があれば

 新規出品で出品してください。

 

 

 しかし、

 何が売れるかわからない

 仕入れて本当に売れるか心配…

 

 と言う状態だったら

 相乗り出品から始めることを

 強くオススメします!

 

Amazonでの相乗り出品は商品知識やスキルが不要

在宅ワークのイメージ

相乗り出品だったら

モノレートという

Amazonでの売れゆきが

載っているサイトがあるので

 

今までどれくらい売れているか、

いくらだったら売れそうか、

予測がつきます。

 

関連ページ:売れる商品の見分け方【モノレートの見方】

      売れる商品の探し方と、仕入れても販売できない商品の注意点!

 

極端に言うと

その商品が何をするものなのかすら

わかっていなくても販売できます。

 

↓こんな感じです!

Amazonでの在宅ワーク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

モノレートを見て

商品を仕入れて納品さえすれば、

「売れました!」というメールとともに

Amazonのセラーページで

振込まれる予定の残高が増えています。

 

 

私が営業をして

対面でお客様に販売していたときは、

円滑に販売できるように

メーカーさんの商品説明会などで

細かい商品知識を勉強することに

時間を割いていました。

 

 

それに比べて

Amazonなら

欲しい人が商品ページに来て

購入ボタンを押してくれて

勝手に売上が発生します。

 

 

相乗り出品の場合は

特別な商品知識もスキルも

何も存在しません。

 

 

そのかわり怪しそうな

「簡単に何十万稼げる!」とかの

話とは違って、

 

 

モノレートというサイトで

売れている商品を

探す手間はありますが、

 

営業の仕事で自分でお客様を

探してくることに比べたら

 

精神的にも

時間的にも

断然割りがいいと感じています。

 

利益を出すための考え方

塗り絵 

ここで、2つ質問です。

 

『いいものだから売れる』

 

と思いますか??

 

これは間違いです。

 

いいものだから売れる、じゃなくて

 欲しがらせれば売れる

 出典:私が在宅でも十分な収入を得られるきっかけになった無料動画

 

世の中にいいものはたくさんあります。

 

「あの人、何であんなに歌が上手いのに

 売れてないんだろう…」

 

 よくある話ですよね。。。

 

 いいものであっても

 その商品の魅力を知っていて、

 欲しがる状態になっていないと

 売れません。

 

 だから

 これはいいものだからきっと売れる!

 と仕入れるのは危険です。

 

 必ずモノレートというサイトの

 売れた数を根拠に仕入れるべきです。

 

 

 

では、

『安く仕入れられれば利益が出る』

はどうでしょうか??

 

もちろん、必要な商品を

安く仕入れられれば言うことないですよね。

 

問題は高く売れるものだからといって

どれくらい売れるかを脇に置いて

安いから仕入れてしまうことです。

 

モノレートで

月に何個売れているか、

ライバル(出品者)の数、内容はどうか、

を総合的に判断した上で

仕入れるべきです。

 

 

回転率(商品を回す)という概念は、

私が在宅でも十分な収入を得られるきっかけになった無料動画

初めて知りました。

 

 

売れ残りが安くなっていて

大量に仕入れたらさらに安くなる!

と数を買ってしまうのは

危険なので気をつけてください。

 

売れ残りって売れなくて

残っているわけなので、

モノレートで調べるのは絶対に必要です!

 

詳しくはこちらで書いてます↓

関連記事:回転率という考え方について

 

在宅ワークの収入を変えた動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)