1 冷え切った家族仲ー   私は恋愛結婚がしたい!

幼少期の家庭環境と価値観の形成

小さい頃の私は、
家族のいざこざに
いつも翻弄させられていました。

母は父を怒らせる天才でした。

母が発する言葉は
いつも父を怒らせて、
父は怒りに任せて怒鳴り散らしたり、
物を壊したりしていました。

父の感情の激しさに、
小さい頃の私は
違う部屋に逃げて
泣くしかありませんでした。

子供だった私の目から見ても
両親は決して
仲が良さそうには見えませんでした。

そんな喧嘩をしてばかりの両親から、
ある時別々に
カミングアウトされました。

(母)
お母さんね、
本当はお父さんと結婚したくなかったの

お見合いの後に断ったけど、
おばあちゃんが強くて
どうしても断りきれなかったの

(父)
お父さんはな、
本当はお母さんとなんか
結婚したくなかったんだ

でも
親から強制的に
結婚させられたんだ

「結婚したくなかったこと」以外は
全く気が合わない両親たち。

さらに祖父母同士も
お見合い結婚で
仲が悪かったため、

私は、物心がつく頃には
恋愛結婚に憧れます。

私は
両親みたいな結婚は
絶対にしない。

私は好きな人と結婚して
幸せな家庭を作るんだ。

お見合い結婚なんか
絶対に嫌だ!

絶対に恋愛結婚するんだ!!!

さらに、
男の子が生まれなくて
母が小言を言われ続けて
苦しんでいたのを知っていたので、

自分で選べない性別まで
周囲からとやかく言われる所に
お嫁に行くのも
絶対に嫌だと思いました。

それに加えて

母が
祖父母と父の3人から
言いくるめられて
自分の主張が言えない状況に
なっていたのを見ていたので

義両親との同居も
嫌だと思っていました。

お金に対して
嫌悪感を持つようになったこと

羽振りの良い祖母と
度がすぎるほど倹約家の母は
よく意見がぶつかっていて、

特にお金の話になると
価値観の違いから
言い争いは絶えず、
いつも戦々恐々としていました。

母は来る日も来る日も
祖母の悪口を言っていました。

欲が深くて恩義せがましいこと、
贅沢をしていること

自営業で
祖母が力を持っていて
自分で稼いだと言っても
過言ではない
状況だったのですが、

お金を欲しがることが
いかにイヤラシイことか

をよく聞かされていました。

その影響もあって
小学校高学年になって
周りの友達が
お小遣いをもらうようになっても
親には言い出せずにいる子供でした。

祖母からは母の悪口、
父からは母の悪口、
母からは父と祖母の悪口を聞いて、

みんなの顔色を伺いながら
過ごす幼少期でした。

そんな中で
たとえお金がなくても
夫婦の愛情があって
支えあいながら生活する
家族像に憧れていました。

子供がいることだけが
幸せだと言っていた母の価値観

母は、
自分の子供だけは大好きで、

(母)
子供は
絶対に産んだほうがいい

子供がいることが
自分のたった一つの幸せ

とよく言っていました。

(母)
離婚しないのも、
ご飯を作るのも、
あなたがいるから

自分の子供ほど
大切なものはない

とも言っていました。

小さい頃から
母の価値観をきいていたので
子供がいることが
女の人の幸せ、
と信じて疑いませんでした。

そんな母だったので、
小さい頃から
私の身に危険が及ぶことを
極度に恐れました。

社交的でない母は
遠くからお嫁に来て、
友達もいなかったので

子供だけが
自分の味方だったという気持ちは
理解できます。

赤ちゃんの時は
父が手を洗わずに私を抱っこするので
隔離していたそうです。

保育園のいじめっ子にいじめられて
怪我をさせられた時には
すぐに転園させてくれました。

小学校に入って友達ができて
家に遊びに行きたい、と言ったら
道路に出るのは危ないから
お友達に来てもらいなさい、
と言われました。
(小学校までの道は
車の通らない道でした。)

放課後は友達と遊ばずに、
すぐに帰って来なさい、と
私だけ真っ直ぐ家に帰っていました。

お料理を手伝いたがって
包丁を触りがった時の
引きつった顔の母が
とても印象に残っています。

私を大事に育ててくれた
過保護な母のことも
小さい頃の私にとっては、
それが常識でした。

しかし
子供会の運動会の時、
カレーを入れた後のお鍋の蓋を
下に向けて置いてしまった時に

他のお母さんに

(他のお母さん)
一人っ子だから、
家でなんでも
やってもらっているのね。

と、嫌味を言われて
自分は何にもできないんだ…

と恥ずかしい気持ちで
いっぱいになりました。

こちらにつづく

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

内職で100円以下の時給だった子持ち専業主婦の私が、 ビジネスの勉強をして、 即効性のある物販を選んでやってみたところ 1歳、3歳のワンオペ育児中でも 4ヶ月で月商188万円、月収50万円を達成! 家にいながら収入を得たい女性を応援します!!