テープ起こし(文字起こし)の在宅ワーカー5人に体験談を聞いてみた!

テープ起こし(文字起こし)の在宅ワーカー5人に体験談を聞いてみた!

 

さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。

在宅ワークのAmazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

私は今までに15種類ほどの在宅ワークを

経験しましたが、

テープ起こし(文字起こし)に関しては

非常に競争率が高くて、

仕事をさせてもらえたことがありませんでした。

参考記事:テープ起こし(文字起こし)の在宅ワークは狭き門

テープ起こし 求人 なきたい

 

それどころか

本当は存在しない文字起こしの仕事に応募して

買い物代行の仕事勧誘をされたことまで

あるくらいです。

参考記事:文字起こしを募集していた怪しい手口

がーん

 

文字起こしといえば人が集まりやすい、

人気の在宅ワークなんですよね…

 

 

そんな文字起こしの在宅ワーク経験がある

貴重な5人のワーカーさんに

体験談を教えてもらえたので

 

どんな人が

文字起こしのお仕事をもらえているのか

報酬や仕事内容の良い点・悪い点に関しても

シェアしてみたいと思います!!

ファイト

実際にどんな人が文字起こしのお仕事をもらえているの??どうやって仕事をみつけたの?

 

今回体験談を教えていただいたのは、

 

商業高校出身なので

タイピングの速さには自信ありという

30代のAさん、

 

趣味はテロップを入れること、という

ITネイティブ世代(10代)のBさん、

 

パソコン入力に自信ありの30代のCさん、

 

翻訳もできるので、

文字起こしをしながら翻訳をすることもあるという

50代のDさん、

 

ブラインドタッチに自信ありの

40代のEさん

の5人の方でした。

 

 

クラウドワークスで仕事を探して

請け負っていたということでしたが、

 

文字起こしの案件に応募する時には

『文字起こし技能テスト』を受けて提示したと

教えてくれた方も数名いました。

 

文字起こし技能テストは、
録音された音声を文字化する技能を測定するテストです。

文字起こし技能テストは、合格・不合格を判定する形式ではなく、
1000点満点のスコア制になっています。

結果が数字で表れるので、文字起こしの技術レベルが把握しやすく、
複数回受験する場合はどの程度レベルアップしたかが明確に分かります。

引用:文字起こし技能テスト

 

さとりん

へぇ〜〜、そういうテストがあるんですね。

 

激戦区の文字起こしの求人で

勝ち上がって採用されるのは、

目に留まる技能があることや

タイピングに自信があるとアピールする必要がありそうです。

うんうん

文字起こし(テープ起こし)のお仕事って時給に直すといくらくらいになるの?

 

まず、一般的に文字起こしの仕事は、

音声の収録時間の4倍以上はかかると言われていることを

教わりました。

がーん

そして気になる時給について

みなさんに聞くことができました。

(証拠の画像もいただきました。)

 

Eさん

15分ほどの動画のお仕事で285円の報酬でしたが、

時給に直すと、64円です。

内容は文字起こしプラスリライトで、

文字起こしに1時間、リライト作業に+3時間。

トータルで4時間もかかってしまいました…💦

 

Bさん

3時間半ほどの動画の文字起こしで

16時間かけて8580円でした。

時給にすると536円です。

 

普通に働いた方が時給がいいけど、

電車での通学時間が長いので

その時間を有効活用できています!

 

通学しながら文字起こしとは…

すごいですね!!

 

Aさん

30分のテープ起こし(600円)でも

5時間かかることもありました。

 

慣れてくるとスピードは上がるので

今は30分で約3時間ほどでできるようになりました。

時給にすると約200円ですね。

 

Dさん

15分間の音声でも2時間ほどかかってしまいますので、

よいものでは時給にすると700円ほどでした。

しかし専門用語や固有名詞など調べるのに時間がかかってしまうものは、

短いデータでも数時間かかってしまうものもあり、

そういったものは時給換算して130円くらいになってしまいます。

どれだけ内容に通じているか、

出てくる専門用語に普段から慣れ親しんでいるかで時給が大きく変わってきます。

 

Cさん

時給にすると700円〜1100円くらいでした。

クラウドワークスだと、こちらから見積もりできるので

何分のテープなのかを参考に金額を指定していました。

最初から何分いくらと書かれているもので

時給にすると安そうな物には応募していません。

 

何度か同じ方から依頼があり、

どのくらいの時間でできるか把握されてるのか

とても的確な金額だったので

今まであまりにも安い方にはまだ当たったことがないです。

 

出産して在宅ワークから離れていたので

また良い依頼主さんに出会えるといいなと思います。

 

Cさんは今までの受注実績や

文字起こし技能テストの点数などを提示なさっており、

経験者優遇の案件や

専門的な内容の文字起こし案件でもお仕事なさっていました。

 

文字起こしの仕事をしていて良かったこと・面白かったことは何ですか?

 

文字起こしの仕事で良かったこと、

面白かったことはありますか??

と尋ねてみると、

 

「記者会見とか、経営者のインタビューとか

 自分の知らない世界の内容を知ることができるのは

 とても新鮮だし、面白いです!」

 

「自分とは直接接点のない専門家のお話や、

事業をされている経験豊かな方のお話を

書き起こしながら聞けることがとても面白いです。

講演会に参加したような気分になります。

また、自分が知らない言い回しや言葉に出会う発見もあります。」

 

というように

書き起こしをする内容自体が勉強になる、という声がほとんどでした。

 

良い点としては、

コロナの影響でバイト・パートがなくなってしまっても

家で仕事できるのはありがたい、という声でした。

うれしい

逆にテープ起こしをしていて大変だったことは何ですか?

 

文字起こし(テープ起こし)の大変なことも

きいてみました。

 

Dさん

時間がかかることです。

人は話をするとき、アナウンサーのように細部まで

はっきりと発音することは稀なので発音されないため大変聴き取りづらく、

話の意味はわかるのですが文字を起こすのに

かなりの時間を要する場合があります。

また、専門的な内容の書き起こし案件を請けた場合には、

専門用語や固有名詞など耳で聴き取った言葉を

ひとつひとつインターネットで検索をして、

正しい漢字を確認する必要があるため、とても時間がかかります。

 

Cさん

また、音源によっては聞きづらいものがあり、耳が痛くなる事もありました。

 

他にも、依頼する人によって

正確さへの要望が違って神経質になることや

時給換算すると低すぎることなど、

大変なこととしてあげてもらいました。

 

タイピングに自信があって早く打てても、

肝心の音声が音質が悪かったり聞きづらかったりすると

何度も聞き直さなきゃいけなくてストレスですね…。

なきたい

文字起こし(テープ起こし)の在宅ワークについてのまとめ

 

総合するとバイトよりも時給が低い傾向でしたが、

内容によっては外で働くのと変わらない報酬を

受け取っているワーカーの方もいらっしゃいました。

 

調べてみたところ、

医学のこと、経営のことなど

専門的な仕事は単価が比較的高い傾向でした。

(10分の動画で1000円など…)

 

ただし、体験談から難しい案件の場合は

専門用語を一つ一つネットで調べる根気が必要ということもわかりました。

 

テープ起こし(文字起こし)に挑戦してみたい時に

参考になれば嬉しいですし、

ぺこり

 

テープ起こしに関しては経験できなかったので

体験談を教えてもらいましたが、

 

実際に今までに経験した

15種類の在宅ワークの経験談なども参考にしてもらえると嬉しいです。

【家でできる仕事】子持ち専業主婦が挑戦した15個の在宅ワーク体験談の率直な感想【まとめ】

 

補足

私は色んな在宅ワークを経験して

あまりお金にならなかった経験、

お金がない絵

その後在宅ワークであっても

Amazonの集客力を利用して

正社員以上の収入が

得られるようになった経験から

子供のいる主婦が在宅でもできた在宅仕事、

ワンオペ育児中の専業主婦の私が、在宅でのパソコン・スマホ作業の中で一番収入を得られた仕事【画像付き】

在宅の収入を上げるために役立った無料動画についても

書いています。

【なぜ無料?】主婦が在宅でも十分な収入を得られるようになったオススメ動画を紹介!

 

 

在宅ワークの収入を変えた動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)