【保育園落ちた、日本○ね】で有名な待機児童問題、子供を預けられなくても在宅ワークで月収30万円の収入を得た主婦の1日の流れを書きます

学生の時代の友人が

3月で仕事を辞めることになって

有給が余っているので

我が家に遊びに来ようかな…といってくれました。

 

待機児童で仕事を辞めることになった友達

彼女は子供(1歳)を保育園に預けて

働くワーママさんなのですが、

旦那さんが都内に転勤になってしまい

保育園に入れないので

仕事を辞めることにしたということでした。

 

 

 

私が住んでいる田舎でも

1歳児は空きがなくて

なかなか入れないので

東京では

更に難しい問題だと思います。

 

待機児童問題 保育園に入れない子供のイラスト

 

「一時保育でも空きがなくて

 子供を預けられないからの

 求職活動ができない」

 

という友達もいたし、

(空きができて今は働いています)

 

「保育園に入れないから

 復帰する場所があっても働けない」

 

という深刻な声を

聞いたこともあります。

(そのお母さんも、1月から復帰できることになりました) 

 

 

 

 

働きたくても、

仕事を辞めることを

余儀なくされてしまっている状態ですよね…

 

 

「保育園落ちた、日本○ね」

で有名になった待機児童問題を表す言葉で、

賛否両論ありますが、

すごくストレートで

素直な表現だと感じました。

 

 

子供を預けられないと、在宅ワークでは収入を得られないと思っていた私

 

私も、今の在宅ワークを始めるまでは

子供を預けないと

ちゃんとした収入は得られない、

という固定観念がありました。

 

子供がもう少し大きくなったら  仕事を探して  外に働きにいきたいと思っていました。

でも、周囲に頼れる人がいなくて

小さい子供を抱えながら働くって、

雇ってもらうにも

条件が悪いから

働き始めるのも難しいですよね…

 

 在宅ワークで収入を得る時の問題点

私は、Amazon物販で

月収30万円を半年間継続したのですが、

 

 

Amazon物販を始めるまでは

色々な在宅ワークを

経験しましたが、

どれも大した収入にはなりませんでした。

 

 

睡眠時間を削って削って、

やっと月収5万円…

 

必要な生活費で

支出が毎月上回っていました。

 

 

その時に

人から頼まれる仕事での在宅ワークでは

収入はなかなか上がらないことを

実感しました。

 

(頼まれてるってことは

利益をとってる人がいますもんね…^^;)

 

頼まれる仕事での在宅ワークでは  収入はなかなか上がらない

↑イメージ図です。

 

 

仕事を頼んでもらえなくて

自分で仕事を作り出せない状態だと、

頼んでくれる人の理不尽な要求に

応えないといけないこともあります。

 

 

今までに、昼までにきた仕事を、  その日の17時までに納品しないといけない…  という採点の仕事が一番きつかったです。

 

 

でも、

人から頼まれる仕事ではない

在宅ワークもあるということを知ってから

Amazonでの物品販売で収入を

得るようになってからは

 

納期に苦しめられることも

理不尽な要求をされることもなくなりました。

Amazonでの物品販売の在宅ワークをしている私の1日の流れ

最後に

家で育児をしながら

在宅ワークをしている私の

1日の流れについて

書きたいと思います。

 

 

7時半   朝食 夫を見送る

     上の子の幼稚園準備

8時半   上の子の幼稚園バスを見送る

     洗濯や掃除、食器の片付け

10時    下の子と児童館に行くか

     図書館に行くか家で過ごす

12時    帰って来て昼食

13時   家で過ごす

     たまに昼寝してくれたら
     その間に在宅ワーク

14時半  上の子の幼稚園のお迎え

     フリマアプリで売れた時は郵便局へ

     そのまま子供たちを公園へ連れて行く

17時半  帰宅 夕食作り・夕食

18時半  子供たちと遊ぶ

19時半  お風呂に入れる

20時半  寝かしつけ 

    寝つきが悪く、       22時くらいまでかかることも…

22時   夫が帰宅、夕食

23時   夫が寝たら在宅ワーク開始

     (大体2時間、週に1度

      商品登録で3時間)

 

夜は途中で子供が泣いたら

在宅ワークはおいておいて

そばで一緒に寝る、

その時は朝に早く起きて続きをやる、

という感じです。

 

(いまだに下の子は夜中2回くらい

 起きるので…)

 

 

 

基本的に子供が起きている時は

商品を広げて商品登録などをすることは

ありません。

(子供に商品をさわられないため)

 

 

仕入れる商品によって

携帯電話に通知が来るようにしてあるので

その時々で

携帯をチェックしたり

パソコンを確認する時はあります。

 

 

子供が遊んでいて

自分が手持ち無沙汰な時は、

在宅ワークで勉強した動画の音声を

ワイヤレスイヤホンつけて

聞いています。

ワイヤレスイヤホン

(ワイヤレスだと

 子供にひっぱられなくていいです^^

 メルカリで500円くらいでした

 Amazonだともう少し安いかも…)

 

 

在宅ワークは

子供が寝てからの作業が主で、

幼稚園のお迎えの後の公園で

私も歩いたり

鬼ごっこしたりします。

 

 

そう思うと

自分のことを

ひきこもり主婦だと思っていましたが、

 結構外に出ているんだなと思いました。

 

夜に作業時間をとる以外は、

ほぼ育児中心の生活です。

在宅ワークの収入を変えた動画

加藤将太の次世代起業家育成セミナーの紹介

2 件のコメント

    • 浅葉さん、コメントくださってありがとうございます。
      会社で務めも
      費用対効果がないと雇われない、
      給料は利益以下でないと
      会社が存続できないから理屈は理解できるのですが、
      搾取ばかりの会社も多く存在しますよね…

      応援もありがとうございます^^
      コピーライティング部門の一位、拝見させていただき、
      私もブログを拝見してクリックさせていただきました!
      現在広告の本は今読み進めている本なのですが、
      すごく勉強になりますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    内職で100円以下の時給だった子持ち専業主婦の私が、 ビジネスの勉強をして、 即効性のある物販を選んでやってみたところ 1歳、3歳のワンオペ育児中でも 4ヶ月で月商188万円、月収50万円を達成! 家にいながら収入を得たい女性を応援します!!