【注意!】子育てセミナーに行ったら宗教だった話

 
さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。


在宅ワークのAmazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

 

 

特定の宗教を批判したいわけではありませんが、

表向きは宗教色だしてないのに、
子育てに悩んでいるお母さんたちを
ターゲットにしているように感じて

不快になりました。

 

断るのが苦手な方は気をつけてください!

 

話を聞くことになったきっかけ

 

ネットで調べると
家に勧誘に来る、という情報が
おおかったですが、

 

私の場合は公民館の講座の
子育てセミナーに行ったら
部屋を間違えてしまって、

 

間違えて
宗教団体が関係する
子育てセミナーを
受けてしまっていた
という流れでした。

 

さとりん
うーん、マヌケですね…

 

 

でも気づかなかったんです…

もともと受けたかったセミナーと
同じような内容の話だったからです。

 

 

 

それに

もともと申し込んでいた方の
子育てセミナーも受講無料で
(そちらはお試し体験みたいなもの)

支払いもなかったので、
結局かみ合わないところもなく…

私は、最後まで
ふんふん、とうなずいて聞いていました。

 

 

セミナーの内容は子育てのことだった

 

表向きは
子育てセミナーだったのですが
中身は

「夫婦が仲良くないと
  子供に影響が出る」

「どんな旦那さんであっても
  自分が折れるべき」

というような内容でした。

 

夫に感謝をして
夫を立てなさい。

 

 

そうすることで

子供の病気が治った、
子供の就職が決まって
人生が成功した、というような
実際のエピソードを
紹介していました。

 

家庭に問題があるのは
夫を大切にして
感謝しないことが原因なのです。

 

感謝できないということは、
恵まれている自分の状況を
わかっていないのです。

 

 

というような内容でした。

 

 

なんでも夫を優先しなさいという話

 

例えば、
子供のオムツを替えている時に
夫が「リモコン〜」と呼んだら

 

大人なんだから
リモコンくらい
自分で探してよ…と思いながら

「いまオムツ替えてるのよ!」
というようなところだと思うのですが、

 

 

それはダメ〜〜〜!!とのこと。

 

まず、赤ちゃんに
「今お父さんの大事な用事だから
 ちょっと待っていてちょうだいね」

と、オムツ替えを一旦やめて
リモコンを持っていきましょう、
というような話でした。

 

え…!?
リモコン取りに行くのが
大事な用事??

 

オムツ替えている途中でも???

 

 

と、違和感を感じたのですが

年配の方だったので
それくらいの教育を
受けて来られた方なのか…

そういう価値観もあるのだろう、
とも思いました。

 

 

もともと申し込んでいたこともあり、
(本当は他のセミナーだけど…)
席を立つこともせず、
最後まで話を聞き続けました。

 

 

お話をなさった方は、
ご主人のDVに苦しめられて
離婚をした方でした。

 

息子が大きくなって
父に会いたい、というようになり
すごく悩んだ末、

夫を許して会うことを認めたそうです。

 

それから
息子の実力以上の大企業に就職が決まり、
今では仕事を認められて
人生成功している、とのことでした。

 

それ自体はすごいことだし、
話し方もすごくうまかったので
夫婦関係に関しては興味があったので
聞き入っていきました。

 

 

そしてもともと
支援センター経由で申し込んでいて
全く警戒していなかったことから

セミナーの参加者名簿に
電話番号と名前も書いてしまっていました。

 

 

あやしいと思いはじめたきっかけ

 

次の講演についても
すすめられましたが、

家から遠い街中で
駐車場もなくて
いけないので
やんわり断りました。

 

 

費用は発生しない…
ボランティアでやっている…

ということを聞いて

 

もともと申し込んでいたセミナーが
体験だったことから

 

「あれ?」

 

と、違和感を感じ始めました。

 

このような場所を借りて
こうやって時間を費やしている人がいて、

なんでタダで
勧誘するんだろう…

なんの目的があるんだろう…

 

怪しくなってネットで調べてみました。

 

 

ネットで検索してみると…天理教?

 

ネットで

「お母さんの勉強会」
と調べてみたところ、

同じようなセミナーが
他の地域でも行われており

 

セミナー自体は
子育てに関することなので
なんども通っているうちに

 

自分に問題があるのは
夫を大事にしないせいだ、

と言われ続けて

このままでは
子供が病気になる、

と脅されて
宗教の集まりに勧誘される…

という内容のものが
出てきました。

 

そして母体の名前は「天理教」という
宗教でした。

 

 

そして、昨日次回のお誘いの電話がかかってきました。

 

 

ちょうど

フリマアプリで買った携帯のことで
元の持ち主からの電話を
待っていたこともあって

 

関連記事: スマホをフリマアプリで購入して大失敗した話

 

知らない番号からの着信に
折り返してしまいました。

 

 

その電話をくれた人自体は
とても良さそうな方で

話しやすかったので、

 

さとりん

調べたら宗教のことが出てきた、
自分は深入りはしたくない

 

ということを伝えました。

 

宗教関係(天理教)の方のお話ということを
ちゃんと伝えずに誘ってしまって
申し訳なかった、

先に話すべきだった、と謝ってくれました。

 

みんな宗教関係なわけではなくて、
私も仏教だし、他の人もそうだし、
勧誘が目的ではなくて

 

私自身 長年
その方の話を聞いて
家庭が改善して
本当によかったと思ったから

みんなにもそうなって欲しくて
会場の費用は善意で出している、

と説明してくれました。

 

 

その方は、
本当にそうなのかもしれません。

善意ですすめてくれているように感じました。

 

 

 

でも、

全国で子育てセミナーを開催して

育児に悩んでいるお母さんをターゲットに
助けてあげたい、という信念で
活動している団体がいる…というところに

 

善意だけではないような
違和感を感じます。

 

 

 

目的はボランティアではなく、
布教活動だろうと思いました。

 

 

今までいろんな
勧誘にあったことがありますが

 

布教活動って、

 

すすめてくる人自体は

本当にその人によくなってほしい、
いい教えを広めることで
自分の徳も積まれていく…

というスタンスで
すすめていて、

利益を目的としていない
ところが複雑だと思うのですが、

 

宗教団体自体は
広めて利益を集めないと
存続はできないので、

 

最終的には利益を求めてくる
と思っています。

 

(信念の名の下に
 善意のボランティアをたくさん使っているから
 人件費はかかっていないでしょうし…

 すごい高利益のビジネスモデルだと思います。)

 

 

 

 

ネット情報ではありますが、

 

 

子育てセミナーに参加する

あなたの行いが悪いから
子供が病気になる・事故になると脅される

宗教の集まりに参加することになる、

お金を寄付するようにすすめられる

 

 

という流れのようで、
宗教の集まりに参加しているうちに
考えもその宗教にはまっていって
自然とお金を出すようになっているのかな、

と想像しました。

 

 

そうなれば、誰も不幸になってないから
子育てとか夫婦間の悩みも解決してハッピー
なのかもしれません。

 

でも、

私は
初めに宗教色を隠して
子育てセミナーから…という
巧妙な誘導の先が

どうなるのか、
それが本当にその人の幸せなのか

抵抗を感じたので
書いてみました。

 

誘われて迷っている人の
参考になったら幸いです。

 

何かご意見やご批判あったら
気兼ねなくコメント欄にお願いします。

在宅ワークの収入を変えた動画

16 件のコメント

  • 1年半ほど「お話」を聴きに通ったことがあります。
    ですが、私の話をまともに聞いてくれず、あちら側の考えを押し付けてくるばかりで、うんざりしました。
    「夫は神様」で「夫のおかげで生活できてるんだから夫は何をしてもいい」みたいなことや、困り事はみんな妻である自分のせいだということも言っていました。
    そのうち「そんなことをしていたら障害者がうまれるわよ」とか「このお話のおかげで自分の家族親族には一人も障害者がいない」というような差別的なことも言い始め、さらには「あごがすっと尖っている人は前世で色情因縁を積んだ人だ」などと見た目のことまで言い出したので、それが嫌で行くのをやめました。
    やたら「目上の人を大事にしろ」みたいなことを言っていますが、結局は「先生」と呼ばれている人たちが特別扱いしてもらえるようにしたいだけ、という印象です。
    ただ、私を誘って来た人は正直に「天理教です」と答えたので、隠されたとか騙されたとは思いませんでしたが…
    隠している人が多いようですね。

    • 大っぴらに天理教ですと明言してセミナーをしている場合もあるんですね…
      隠されるよりもその方が怪しくないですね。。。
      夫は神様、すべて女の人のせい、みたいな話は
      本当にストレスを溜め込んでいる女性にとって
      落ち込む原因になりますよね…

      このままでは子供が病気になる…みたいに言われた、
      というネット情報もみましたが、
      見た目のことでも偏見を持った発言をすることもあるんですね…

      人を幸せにしてくれる宗教ならいいけれど、
      救いを求めている人の話を聞いてもくれないのはうんざりでしたね。。。
      子育ての話から入信につなげるために
      不安になることをいうのは悲しいなと感じました。

  • 「前世で色情因縁を積んだ数だけシミやソバカスができる」と言っていました(笑)
    だったら白人はどうなんねん?と思いましたね。
    お話を聴きに行って、実際に救われている方もいらっしゃいますが、仲介役と言うのでしょうか、世話をしてくれる人の質に余りにも差があるので、要注意です。
    本来ならカウンセラーや心療内科医など、専門の勉強をした人が受け持つことをただの主婦がやっているのですから、トラブルになってもおかしくないですね。
    お金の要求はなかったです。
    本当に助けたいとは思っているようでしたが、お話を信じ過ぎて、何が何でもわかってもらいたい、考えを通したいという感じでした。

    ずっとこの話を誰かに聞いてもらいたいと思っていました。
    コメントさせていただいてありがとうございます。
    信仰は自由ですが、かなり偏りのある考え方をしている宗教ですので、本当に要注意です。

    • 遅くなり失礼いたしました。
      貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。
      これを読んでくれた方にも伝わることと思います。

      前世での色情因縁の数がシミの数…
      とんでもない理屈だと思いました…
      確かに白人さんはシミできやすいですよね…

      日焼け止め塗っているかどうかでも変わってきますしね

      たまたま良い方に巡り合えれば良い方向に転じるとは思いますが、
      そうでない場合に怖いですね…

      お金の要求はなかったんですね、
      ネット上では子供が病気になると言われて求められた、という情報もあったので
      要求がなかったことに安心しました。

      こちらこそコメントしてくださりありがとうございました。
      なかなかこういう情報って周りの人に聞きにくいし、
      同じように体験なさった方のご意見は非常に勉強になります。

      おっしゃる通り信仰の自由はありますが、
      同じ考えをするように強要する人にも出会ったことがあり、
      偏った考えには要注意ですよね…

  • 私も先月行ってきました。実は0歳の子どもを連れてたら駅周辺でよく声をかけられて、天理教の先生が講演して家庭や子育ての話をすると言ってて勧誘とかじゃないからって言ってました。それでいつも声かけた人の名前と携帯番号が書かれた名刺をくれるんです。自分の名前は言わないですと言ってるのに。その公演会の場所は、市で運営している施設でそこでNPO法人の子育て広場も入っていたり、施設の中に乳児が遊べる部屋があって誰もいなければ個室なので、私は、子どもとワンツーマンで遊べる部屋でよく遊んでいたので知っている場所でした。でも子どもと遊んでいた方が良いしめんどくさかったのでずっと行きませんでした。
    その一年後の先月に行った理由は、読んでいるブロガーの人が行ってきたらしくとても良かったと書いていて、今度声かけられたら行ってみようと思いました。
    行ってみたら、ベビーマッサージと背景がデコレーションしている写真撮影があって、その後に、勝手に子どもを違う部屋に連れられ、誰が保育する紹介もないし、その間は親はお話を聞くのだけど、説明もなく勝手に連れ去って何か起きたらどうするのって思いハラハラしながらお話を聞きました。終わったら子どものいる部屋に連れて言ってくれたけど、後々に誘拐が目的??とか不安になりました。
    次回は今月ですが、別な場所でベビーキッズというのもあって
    お話とマッサージなどがあります。そこはちょっと遠いので行くのを迷ってましたし、どちらも主人と子どもの誕生日とぶつかっているので断ります。
    主人が行くのを反対しているので、もう連絡しないでください、と連絡来たら言うつもりです。
    私もこういった講演会みたいなのは、どこの会社が運営してるのか気になりました。スタッフ?みたいな人も多かったし、無料っておかしいと思いました。会社名も言われなかったですから怪しいです。次回やる日にちはわかってるので、施設に連絡してどこの会社が主催か気になるので聞いてみようと思います。
    講演会の内容は、同じように旦那中心に生活するってことでしたが、確かに、家族だし一家の主人なので決める時は相談されたら嬉しいだろうしそういうことは大切ですが、行き過ぎは良くないですね、オムツの件でちょっとって思います。
    ただ、私の地域では夫の話を完全に聞いてあげるというわけではなくて、お互い話し合うっていうことを言ってました。それで自分が納得してればいい、納得いくまで話し合うといってました。

    あと、ブログの人は、自分が他の人の言うことを聞かないから子どもが言うことを聞かないと言われて実践したら言うことを聞くようになったと書いてましたが、一理正しいけどちょっと違うと思いました。
    私は保育士してたのですが、子どもは親の真似するから、人の言うこと聞けば子どもも真似するけど、イエスマンは良くないし、自分の意見を言える子、違う意見を聞き入れ折衝できる人、意見が違う人でもお互い認め合える人になってほしいと思います。
    イエスマンよりそっちの方が優れてると思います。
    イエスマンにさせて勧誘が目的かなって思いました。
    子どもが、言うこと聞くようになるには子どもの言うことを聞いてあげたり一緒に遊んであげれば、ある程度聞きますが反抗期も大事な時期だと思います。
    なので、天理教の人と一般的な教育の方法のズレがあり、違うなと思いました。
    長くなって申し訳ないです。このサイト見て、ちゃんと断ろうと決心しました。ありがとうございます!!

    • よちままさん、ブログを見つけてくださりご縁うれしく思います。

      マッサージとか魅力的ですが、

      0歳のお子さんと一緒に行って、
      別の部屋に連れて行かれてしまうのは不安でしたよね…

      どんな人がみてくれるのかもわからないのは恐怖です(><)
      とても気疲れされたことと思います。

      旦那さんも反対なさっていたんですね、

      天理教の人が話をしているということで勧誘があったとのこと、
      実際にスタッフの方達はボランティアかもしれないし、
      志が高く活動なさっているのかもしれなくて
      そこが難しいところだと思うのですが、

      深入りしてしまうと母体の目的は布教活動かと思うので
      宗教の内容がわかってない状態で
      子育てセミナーにきて断れなくなってしまうのは避けたいなと思いました。

      といっても、子育て中に迷うことは多いと感じていて
      宗教に救われている人の存在も少なくはないとは思いますが…

      よちままさんは保育士さんをなさっていたんですね、
      確かに人の言うことを聞くだけの大人の影響を受けた子供って
      怖いですね…

      よちママさんのお考え、とっても素敵です!!
      自分の意見を言えるってことも素晴らしいことですよね!
      さらに
      人の意見もきいてお互いの立場を思いやれる人になれたら本当、素敵ですね!!!

      うちの子供たちは夫の言うことは聞くのに
      私の言うことは全く聞かなくてイライラしますが、
      私には意見を言う経験を積んでいると思って心穏やかに過ごせるよう心がけます(++)!!

      この記事が何かのお役に立てていたらとても嬉しく思います^^
      丁寧にコメントくださりありがとうございました!!

      • さとりんさん、早速のお返事ありがとうございます!
        電話で問い合わせたら市で運営してる施設では、会議室スペースを貸してるところなのですが、内容までは把握してないらしく、会社名ではなく、子育て講演会という名前で借りてるみたいですので、会社名や団体名、代表者まで調べれませんでした。

        夫は反対していませんが、夫の言うことを聞くをモットーにしてるならそう言った方が諦めてくれるかなって思いました。あとは働くことになったとか。相手を傷つけない&下手に断って突っ込まれて、もっと誘われないための断り方として。。(^^;;

        志高い人や善意の人も中にいると思いますが、ただ講師が、天理教の先生であっても、話す内容がわかりにくい、滑舌が悪く聞きにくいので、そういう訓練してない素人なのかなって思いました。オーラというかダークな印象でした。魅力がないというか。。

        それやったら、もっといい子育てや家庭についてのスペシャリストが講演してるところとかの方がわかりやすいし、たくさん知識あると思います。
        あとは、子育ての書籍がたくさん出てるので沢山本読んだ方が身になると思います。TVでもやってますし。。
        なんでも、良し悪しがあるけど根本的なことは大体みんな同じこと書いてて、自分に合わなければやらなくていいと思います。なんにせよ、楽しい子育てしてくれた方が、子どもは親を見てるから子供に良い影響与えると思います。夫とも仲良く喧嘩もたまにあってもいいと思います。そんな完璧な人いないから。気楽にいきましょう。

        誘ってくれた方は、子どもが中学生で引きこもりだけど子育て講演会に行って実践(子供中心から夫中心)にしたら、子供が学校行くようになったと言ってました。
        その子が、幼稚園児の時に水泳に習わせて泳げるようにしたいと母は思ってたけど父親はまだ早いと言ってたので二年間通ったけど泳げなかったと言ってました。しかし、父親が小学生になって習わせたら、泳げるようになったと言ってました。
        それで旦那のいうとおりにしなかったから、引きこもりになってたという、無理な結論になり、講演会の言うことは正しい!!と認識してしまいますよね。
        そのお母さんが、子どもの発達のことをよく分からないからそうなったのもありますが、
        母親は一生懸命になりがちで、父親は冷静になって客観的に見れるというのと、
        家族の誰かがまだ早いとか頑張らなくていいとか言っちゃうと、言われた子の脳がやらなくていいと認識してやらなくなるということが脳科学でわかってるし、
        どっちにしても、幼児期に泳ぐのは早いのと(幼児期で泳げる子を見たことないです。水遊び程度でいいと思います)
        幼児期はバランス感覚が伸びる時期なのでそうした訓練をした方が良かったと思います、どちらにしても子どもが何をしたいかよく観察した上で。
        結果、学校に行くようになったから、神のおかげとか宗教のおかげっていうことではないんですね、そういう結論だと論理がないのと子供の発達や心理的なものを無視しがちなので、真実とか見えなくなるのはどうかと思います、私はそういうのは好きじゃないって思いました。

        また長くなってしまいました。お互い子育て頑張りましょうね!!

        • よちままさん、遅くなってしまい失礼いたしました!!!

          ご丁寧に返信いただきまして、ありがとうございました。
          推測ではありますが、
          公共機関が場所を貸しているのだからと思って、
          安心感を与えようとする手法なのかもしれないと思いました。

          旦那さんが反対していると言うことによって誘われにくくなりそうですよね。
          旦那さんを立てなきゃいけないと言う教えっぽいので、ナイスアイディアですね!!

          先生の話が分かりにくかったり聞きづらい内容だったんですね。
          内容に関しても、無理矢理結論づけてその講演会の内容が正しいと
          把握なさっている下から紹介を受けたのでは大変でしたね。

          おっしゃる通り、母親よりも父親の方が客観的に見えたからとか
          原因は宗教とは別のところにあっても
          こじつけて信じたくなってしまう気持ちになるほど悩んでられたのかもしれませんね。

          本当にご丁寧にありがとうございます。
          子育てがんばります、励みにさせていただきます。

  • 私も上の子供が0歳の時に駅の周辺で声をかけられました。
    ベビーマッサージと子育てのお話です。と言う形で声をかけられました。
    特に宗教関連ということは言われなかったです。

    はじめに赤ちゃんとの触れ合い遊びのようなものを少しした後子供と離れて講演を聞き、座談会がありました。
    何度か参加されている方もいるようで、ただほとんどのお母さんは知り合いがあまりいないので知り合いが増えればというような気持ちで参加されたとおっしゃっていました。

    講演の内容はおっしゃっていたように、夫を立てて、自分は我慢する。そうすれば夫婦仲は良くなり家庭は円満になる。というようなお話でした。
    私は当時夫が浮気した事で悩んでいたため
    浮気されるのも妻が悪いという内容にただ腹立たしく感じました。

    その場は適当にやり過ごしましたが、以降そちらの方から連絡を頂いても返信せず、その後は着信拒否で通しました。

    あまり周りにつながりのない、誰かと繋がりたい。そんなお母さん達が来ていた場だったのでそういう話で追い詰められるひとが居ないかと今思えば心配になります。

    私は宗教の勧誘はありませんでしたが、後日支援センターで知り合ったお母さん達と話す機会があり上記の内容を話すと同じように宗教関連であったと教えていただきました。

    宗教、信仰自体は悪いものではなくても、あまり私には考えが合わないし、やり方が好きではないので関わりになりたくないなというのが私の感想です。

    場所が公的な場所、公民館や市が運営しているスペースなどで行われるためつい信用してしまいがちなことも注意が必要ですね。

    • ゆうちゃんママさん、コメントありがとうございました!!
      ベビーマッサージからの勧誘だったんですね…
      孤独な環境で子育てに悩んでいるお母さんからすると
      知り合いができたらハマりやすい内容なのかもしれない…と思いました。

      なんでも夫を立てるべき、女は我慢するべき、という考え自体が
      とても偏った考え方だと思いますし、
      浮気されるのも妻が悪い、という内容は非常に腹立たしいですね…
      子供が小さい時に旦那さんが浮気をするのは、
      すごく大きなダメージなのに。。。最近の報道を目にしても心が痛みます。

      私も信仰自体は悪いものではなくても勧誘方法が
      人の弱みにつけこんでいるように感じて抵抗があったので
      記事にさせてもらいました。

      私も子育てが始まり、知らない土地で
      周りに知り合いの少ない環境で精神的に不安定だったので
      同じ状態のお母さんたちがハマって行かないかとても心配です。

      ゆうちゃんママさんは連絡を絶ってことなきを得たんですね…
      安心しました。公共機関で場所を借りていると信用しそうになりますよね…

  • 初めまして。私も去年の秋ごろにいきなり「幸せになる解決法の話がありますよ」といった形で子連れのお母さんより声をかけられたことがありました。

    その時に、講師の先生が天理教であるとは言われていましたが、声をかけてくださった人は10年以上にわたりこの話がいいなと思われて聞き続けていると言われ、信者ではありませんが、今幸せだと言っておられたのです。

    現在私は法律を勉強している最中であり、将来その資格に挑戦し、法律を職につけたいと頑張っているのですが、その方も社会人になってから医療系の資格を取った経験があったため、私の法律エピソード(と言えばいいのでしょうか?法律の勉強に精を出していることです)を聞き、頑張ってほしいと思われたし、なおのこと話を聞いてほしいと思われ、講演会には何が何でも来てほしいと言われたのでした。
    それこそ講演会の日には私は仕事こそ休みだったものの別の用事もあったため講演会に行くこと自体が難しいのに、「残念だわ、せっかく司法試験や法律勉強の解決法になるのに」と強くがっかりされた態度を取られ、この時私は天理教って他の予定を断ってまでしてそのことを優先させようとしているんだとさえ疑ってしまったのです。

    そのお母さんによると、天理教のその手の会は毎月しているそうなのですが、私にどうしても来てほしいと押したものは年に一度の大きな規模の講演会だったそうで、だから何が何でも出席してほしいという気持ちだったそうでした。
    基本的には私は嫌なことは嫌だと言える性格ですが、司法試験の解決法が見つかるのならそれはいいことだから、しぶしぶ講演会にも参加させていただいたのです。

    しかし聞いた話は、弁士(講演会講師)本人や家族が病気になったという話がメインで、それは
    ・日ごろの行いが悪い(本人または子ども)
    ・だから罰が当たった
    ・小西先生のアドバイス通りにして今幸せだ

    という内容で、無理強いされた大きな講演会では特にこのことでお子さんが学校を退学して介護に専念した結果何もかもうまくいったと言われていたのでした。

    確かに行動としてはなかなかできないことですから、お子さんが退学して親の面倒を見るというのは美徳ともいえるでしょう。
    本来は私だって一人っ子だから、婿養子をもらって親のそばにずっといてあげるべき、法律の資格よりも介護の資格を取るのが美徳なのかもしれません。
    本当に講演内容を聞いたことにより、私は司法試験を目指したり、法律の仕事をしたいと思うことを責められたように感じてしまったのです。

    私は全く関わっていない他の地域でもやはり同じような講演会があり、そこでは不妊で浮気?だったかの話だったようで、女が悪いという結論だったようで、また聞きとはいえ、法律を勉強している私にとっては大変その教えを悲しく、そして心がたいへん痛む結果となったのです。

    確かに合う合わないはありますし、私に声をかけてくださった方は純粋に私に頑張ってほしいと思って声をかけてくださったのだろうし、現実にも「今度はあんな話じゃないかもしれないよ」と誘ってきています。
    誰だって幸せになりたいのは間違いないですし、私にとっての現在の幸せの一つは「法律の資格取得」ですが、果たして嫌な思いをしてまで聞き続けてそれで幸せになれるのかと言えば違いますし、今後聞き続けて嫌な思いばかりして勉強が頭に入らなくなったらそれこそ本末転倒です。

    • juristうさこさん

      新しいブログの道具を導入したら画像が全て消えてしまったので
      バックアップで一度コメントが消えてしまい
      今、復元させていただきました。

      申し訳ありませんでした。
      ===================

      juristうさこさん

      うさこさん、コメントありがとうございました。先に天理教であることは聞かされていたんですね…
      法律の勉強をなさっているとのこと、とっても素晴らしいですね!!
      天理教の講演が解決法になるのはきて欲しいがための誘い文句だったのかなと感じました。

      そのお母さんは子育てに関する悩みがその会に参加することで癒されたのかもしれませんが
      かなり強引なお誘いでしたね…

      うさこさんが法律の勉強をなさっていることはとてもご立派だと思いますし、
      女の人だから親のために介護の資格をとってずっと一緒にいるべきというのは
      私は誰のための人生だろう…と思ってしまいます。

      特にプライドの高い親御さんだったら子供に介護してもらうのが幸せとは思っておらず、
      弱みをみせられないから困った時に助けを求められない…ということも考えられますし…

      私は夫婦仲がいいに越したことはないけれど
      この時の講演を聞いて、かなり偏っていると感じました。

      女の人が自分でお金を稼ぐことはどんな配偶者であっても自分や子供を守るために
      大切なことだと感じています。

      将来のための目的が法律の資格取得だったら
      このような講演に足を運ぶのは時間がもったいない、と私は思いました。

      • 早速お返事ありがとうございます。

        そうですね。誘ってきたお母さんからは、講演会そのものが天理教が主催していると教えてもらったのではなく、講演会の講師(以降、「弁士」「弁士さん」と表記します)がたまたま天理教の信者であるという感じで言われました。

        そのため、私がしぶしぶ行った年に一度開かれる大規模な講演会はもちろん、月一程度で開催されている講演会も必ずしも天理教の信者が弁士をされるとは限らず、回によって弁士さんの信仰宗教が例えばキリスト教であることもあれば、特に何かの宗教を信仰しているわけではなかったりと、純粋に「単なる講演会」程度にしか思っていませんでしたし、誘ったお母さんからも「日常生活での悩みを解決に導くいい話ですよ」程度にしか最初は言われなかったのです。

        今思うと、あそこまで「何が何でも来てほしい」と求められ、私がしぶしぶ折れたときに「わぁ、よかった」という反応を取られたことから、司法試験に付け込んだ手法だったのだろうなとは思いました。

        今まで合計で3回この話を聞いていましたが、どの回も弁士さんは天理教の信者で、どの回でも
        ・本人または家族が重い病気になった
        ・小西先生は「それは日ごろの行いが悪いからだ。あなたが変わるべきだ」と諭した
        ・小西先生の通りに行動して今幸せだ
        というニュアンスがあり、誘ったお母さんも実は夫婦仲が良くなく、小西先生のアドバイス通りに動かれたそうでした。
        それが仕事をやめたりとにかく旦那さんに尽くし続けることだったそうで、その結果今がとても幸せだと言っておられるのです。

        しかし、私は話を聞いていて違和感しかなく、特に前回コメントさせていただいたように
        「弁士さんが病気になり、弁士さんのお子さんが退学され、介護に専念した結果何もかもうまくいくようになった」が本当に受け付けませんでした。

        講演会の後には弁士さんに個別相談に乗ってもらいアドバイスをもらう時間が設定されていて、私も誘ってきたお母さんにアドバイスしてもらうことを勧められたのですが、なんだかなと。
        あれほどのことを弁論されたので、もしかすると私が弁士さんに相談した結果弁士さんや小西先生から「法律は諦めるべきだ」と言われる可能性だってある。
        そのことも踏まえ、誘ってきたお母さんにもはっきりと胸の内を話したところ、「仮にうさこさんに対し弁士さんや小西先生が「法律は諦めたほうがいい」とアドバイスしたのなら、小西先生がおっしゃることは間違いないので、私もうさこさんに「法律は諦めたほうがいいのでは?」と言わせていただきます」とさえ言われたくらいですからね。

        自分の人生を犠牲にしてまで親や男性を優先する。
        それって何のための人生なのだろうなと思います。

        ごく当たり前なのにそれを否定され、やれ「日ごろの行いが悪いから病気になったんだ」「障碍者が生まれるのはあなたがこうだからだ」と言われるのもやるせない。

        本当に女もこれからは社会に出る時代になっているし、自分や家族を守るには大切なことなのに・・・

        実は今日もまた、次回の誘いこそはなかったが「元気しているかな?」と連絡が来てしまったのですよね・・・
        だいぶ拒否しているんですけど「わかりました」だけで本当に分かっているのか疑わしい。
        周りが見えなくなってきているのでしょうね。きっと。

        本当にそうですね。このような会に足を運ぶのは時間もお金も無駄にしている気がします。

        • 私も「みんな信じている宗教は別々だけど、人生の解決になる講演会なのよ」と誘われました。
          もしかしたらそういうマニュアルのようなものがあるのかもしれませんね…
          相手の望みを聞き出して、その解決になる講演会だと説得する…というような。。。

          私が聞いた話も
          子供が病気になったとか
          夫と仲直りして立てるようにしたら子供の就職がうまく行ったとか
          そんな話でした。

          女の人が折れるべき、介護に専念すれば幸せになれる…という主張が
          意味不明だと思いました。
          介護が生じても生活はしていかなければならないわけですもんね。

          その誘ってきたお母さんは小西先生という方を盲目的に信用しているようなので
          疎遠にできるなら距離をとった方がうさこさんのためになるんじゃないかと思いました。

          文章を読んで、うさこさんは芯があり、とっても優しい方だと思いました。
          勧誘している人はノルマがあるのかもしれないので
          私だったら
          「元気かどうかはあなたに関係ありません、もう連絡しないでください。」くらいきつく拒否しちゃうかもしれません。

          すごくしつこかった宗教勧誘を撃退した体験談もあるので
          参考になればうれしいです!
          親戚が遊びに来てくれたと思ったら、ある宗教の勧誘のためだけの目的だった話…

          • お久しぶりです。
            そうですね。確かに相手には先に悩みや夢などを聞き出して、それを口実(私の場合ですと司法試験の合格)にして「解決法になる講演会ですよ」という決まり文句があるのかもしれませんね。
            さとりんさんが聞かれた話も同じように旦那さんを立てることで子供が就職がうまくいったなどの話だったのですね。

            女が折れるべきというのは乱暴すぎますね。
            法律を学んでいる以上その考えが悲しすぎ、「法律を学ぶ私」そのものを否定されたばかりか、「法律もくそもない、女は黙って男に仕えればいいのよ」という偏った考えにも見えてしまっていました。

            その後ですが、私は誘ってきたお母さんを許す考えを持つことにしました。
            決してこれはこの話をまた聞きに行くという意思があるわけではありません。
            むしろもうこの話は私は受け入れることもできず、泣くほど拒否してしまったため、もうこの話を聞きに行くという意思は0と言ってもいいでしょう。

            誘ってきたお母さんのしてきたことは、悪気はなく、純粋に私に司法試験に合格し、法律の仕事の夢をかなえてほしいという気持ちしかなかったにせよ、乱暴に言えば初回に引きずってでもして連れてこようとした行動は許せた行動ではありません。
            そこに追い打ちをかけ、弁士さんの弁論内容があんなものだったので私は深く傷ついているし、法律を勉強することや司法試験に挑戦することが悪いことなんだと思う結果になってしまったわけですので。

            では、なぜ許す行動に出れたかと言えば、やはり精神衛生上の観点からです。
            私は自分のために司法試験を受けたり法律の仕事をしたいと思うのであって、小西先生のために法律の仕事をするわけではない。
            原点をたどれはそこだからです。

            週の半ばに誘ってきたお母さんにもありのままを話しました。
            「もしかすると小西先生や天理教の教えに背くかもしれないが、私はやっぱり司法試験を受け法律の仕事に就きたい。話を聞くのは無理だけどそれでもいいか?」と。

            小西先生からのアドバイスから休みの日は旦那さんのために時間を使われるため、他と連絡を取ることをしないようにされているため、まだ何も回答は来ていません。

            ここでどんなアクションになるかわかりませんが、都合のいい解釈を取られたりそこでばったりと途絶えるのであればそれまでの関係だったのでしょうね。

            宗教勧誘の撃退法の話も大変参考になりました。
            他にもたくさん参考になる記事があるので読者になれればと思います。

          • juristうさこさん、ご無沙汰しております!!またコメントいただきましてありがとうございました!!

            本当ですね、司法試験の受験を目指されているんですね!!頑張ってください!!!
            司法試験のために、講演会が法律の勉強の時間確保以上に必要なこととは
            考えられないので、邪魔されるとしたら妨害に値する腹立たしいことかと感じます。

            そんな中でも誘ってきたお母さんを許されることは
            無理に誘われて嫌だったはずなのにご立派だと思いますし、
            今後また聞きに行かないと決めてられる強い意志を大事にしていただきたいと思います。

            無理やりな勧誘をしてくる人は毅然と断られると、次のターゲットを探すだけだと思いますので
            もし連絡がこなくなってもそういう人だったと思うだけで良いと思います。
            私も親戚から全く連絡こなくなりました。参考になったと言っていただけてうれしかったです。

            まだ日本社会は男社会の業界も多く、
            法律を学んで自立なさる女の方の存在を頼もしく感じます!!
            私も分野は違いますが、 
            試験勉強に明け暮れていたことがあるので懐かしく思いました。
            (と言っても、私の場合は子育てと両立できるような勤務形態ではなかったので離れてしまいましたが)

            受験準備のためにお忙しい日々だと思いますが、
            落ち着いたり息抜きしたくなったら是非また読みにきていただけたらうれしいです^^ありがとうございました!!頑張ってください、応援しています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    内職で100円以下の時給だった子持ち専業主婦の私が、 ビジネスの勉強をして、 即効性のある物販を選んでやってみたところ 1歳、3歳のワンオペ育児中でも 4ヶ月で月商188万円、月収50万円を達成! 家にいながら収入を得たい女性を応援します!!