【ふよぬけ】『夫の扶養からぬけだしたい』を読んだ感想【ネタバレ有】

夫の扶養からぬけだしたい ふよぬけ を読んだ感想
さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。


在宅ワークのAmazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

ツイッターで話題作ということで

見つけて読んでみました。。。

 

ふよぬけ

 

旦那さんからのモラハラを受けて

今の生活から抜け出したい、

夫から離れたい、

自分の足で立ちたい主人公モモコ…

 

 

漫画を読んでいると、

昔のことを思い出すところも多く

 

 

胸が苦しくなるところも

ありました。

 

ふよぬけ 漫画

 

個人の尊厳の問題…ずっしりきます。

 

 

この漫画に共感の声も

多く寄せられているということは、

 

 

主人公:モモコからみて

幸せそうにみえる専業主婦も

内情はわからないとも思いました。

 

 

実際、私も

お気楽で呑気な

専業主婦だと思われていますし…

 

 

(自分の収入がない中で

 分担の生活費は

 ずっと独身時代の貯金を

 切り崩していたこと、

 

 自分だけで

 家事育児(当時1歳と3歳)

 をしている環境の中で 

 

 完全な在宅ワークであっても

 正社員時代のお給料を超えた

 収入を得られるようになったことは、

 

 外からは見えないと思いました。)

 

 

自分のことに話がそれましたが、

 

 

 

自分の時間を

家事と育児に費やしていることで

自分の力では

十分な収入を得られずに

夫婦間の経済格差が大きい状態・・・

 

 

家にいるのとは違うストレスと

戦っている夫から

個人的な尊厳を

傷つけられるようなことは

 

特に

専業主婦には

起こりやすいことなのではないかと

感じました。

 

 

仕事人間の夫からのモラハラを受ける専業主婦の状況が描かれている漫画

 

主人公のモモコは

 

家の片付けが

できていないことで

 

一日中家にいるのに…

 

仕事で疲れている夫から

容赦のない攻撃が浴びせられました。

 

 

グサッ…

 

これを言われると

本当に辛かったです…

 

 

子供といると

片付けても散らかす、

片付けたところから散らかす、

の繰り返し…

 

 

 

一日中

外で仕事をしている夫に

わかってもらえることはなく、

 

 

自分だけがモヤモヤしている

家事と育児の繰り返しの日々…

 

 

まるで昔の自分をみているよう…

 

 

 

補足
ちなみに我が家の

夫の場合は、

 

子供がいるからは言い訳…

子供がいても片付けられる、

 

むしろ模範になって

片付けている姿を見せないと、

子供は片付けられるようにならない…

 

お母さんは監督なんだから

頑張ってよね。

 

という感じでした。

 

↓私の以前のツイート

夫への不満

 

私が片付けよう、といっても

聞き入れない子供達も

 

夫が家にいる日は

若干緊張してて

いい子なんだよなぁ…

遠い目…(T T)

 

 

そんなに家事ができないって言うなら、同等に稼いでみなよ!

 

どうしても

行き詰まってしまった時に

家事はノータッチの夫に

協力をお願いしたモモコでしたが…

 

ふよぬけの家事を手伝って欲しいと入ったモモコに対して

夫から逆攻撃を受けてしまいます。

 

ふよぬけ 同じくらい稼げというツトム

 

ツトムさ〜ん。。(T△T)

↑漫画の中のモモコの夫

 

 

家事と育児を一人でこなすのが

寂しくてしんどい時に

一番言われたくない言葉だよ〜〜。。

 

 

ちなみに同じことを

言った時の私に対して

うちの夫はこんな感じでした。。。

 

夫に家事の協力は望めない

 

 

ワンオペ育児に

回らない家事で

すごく寂しかった記憶です。

 

補足
ちなみに

産後の子育て中ママは本能で

寂しくなるようにできているそうです!

こちらで書いてます。) 

 

 

旦那さんは

たくさんのストレスの中

我慢して外で働いて、

 

ちゃんとした

お給料をもらって

家族を支えている自負があるから

 

 

妻に対して

見下してしまう気持ちに

なってしまうんだろうと思うけど。。

 

夫から離れても子供と一緒に生活できるように

 ツトムさん側の思いや

 妻への考えのシーンもあって、

 

 仕事の環境が大変で

 家にいられる妻がうらやましい、

 

 

 

簡単に夢を諦めるくらいなら

 (本当は育児が大変で

 夢どころじゃなくなったのに)

 

 せめて

 家事くらいちゃんとやってほしい 

 (育児がてんてこまいなのに)

 

 

 

 という

 

 外で働いていて

 育児に携わっていないからこその

 

 育児への無理解から

 くるものでもあり、

 

 ここに出てくる夫が

 特別悪い人なわけではなくて

 

 うちの夫を含めて、

 どこも似たようなものだろう…とも

 思いました。

 

 

 

そんな理解のない

ツトムさんと

 

離婚を念頭に入れて

 

主人公のモモコは

自分の力で収入を得ることを

考え始めます。

 

ふよぬけ 自立したい

 

あぁ。。。このコマ、

すごく共感しました。。。。

 

夫と同じように稼ぐには普通に働くのでは難しい…

しかし

家で働くにしても、

子供がおきてる時間は難しく・・・

外で働くにしても

夫のように残業もして…と

同じ条件で

働くことは難しい。。

 

 

子供を見ながらの家事は

常にタスクが溜まっていく・・・

ああ…このイヤな予感に

めちゃくちゃ共感。。。

 

・・・・💢

 

 

そもそも

一人で動けて

残業もできる状態の夫と

 

 

子育てと家事の負担を

全部受け持って

夫の転勤でパートを辞めた

職歴の乏しいモモコと

 

働く環境が全く違います。

 

 

 

この条件で、

夫と同等に稼ぐのは

 

労働での賃金では

難しいので、

 

 

モモコの場合は

ふよぬけ 時間売りから価値売りに

一般的な

時間を売って働く方法ではなく

 

ネット上で自分のイラストを

アップして実績を積み、

ふよぬけ モモコの成功まで

価値を提供してお金を得る方向で

収入を得られるようになっていきます。

 

 

 

私の場合は、

それがAmazonでの

物販の在宅ワークでした。

 

 

もともと自分の労働で

お金をもらう働き方しか

知らなかった時の私は

 

家事と育児を

ワンオペでこなしながらは

 

ちゃんとした収入を得ることは、

難しいと思っていました。

 

 

でも、

そもそも収入が得られなかったのは

働き方のせいだったことがわかり、

 

 

主人公のモモコのように

価値を提供してお金をもらう方法を

実践するために

 

未経験だった

物販の在宅ワークを始めて

 

育児中でも在宅でも

月の利益30万円を

継続して達成することができました。

 

物販の実績

(↑最高利益50万円の時の証拠写真)

 

関連記事:ワンオペ育児中の専業主婦の私が、在宅でのパソコン・スマホ作業の中で一番収入を得られた仕事内容【画像付き】

 

「ふよぬけ」から

また話がそれてしまいましたが、

 

モモコは夫の扶養から抜け出せたのか

 

収入が得られるようになって

 

結果的に

モモコは夫の扶養から

抜け出します。。。

ふよぬけ 漫画 スカッとしない

 

しかし、

やっと離れられる準備ができた時に、

ツトムさんが交通事故…

 

 

負傷した夫に対して

モモコは

 

扶養から抜けられるだけ

収入を得たことを話して、

話し合いを試みます。

 

 

ツトムさんの言い分は、

家族のために頑張ってきた。

 

わかってもらえなくてつらい。。。

 

いやいやいや、

家族のために頑張っているからと言って

 

妻を抑圧していいかどうかは

全く別問題だと思います!!

 

 

それに対して

モモコの言い分は。。。

ふよぬけ 妻の反撃

いつも仕事優先、

家族は二の次で

妻のことは見下して

傷つけ続けていたら、

 

当然の言葉ですね…

 

 

ツトムさんにとっての

仕事が

家族のためであるのに

 

真面目に頑張っていたが故の

ストレスが

全部妻にぶつけられていて

 

気持ちが離れてしまっていた…

 

こんな皮肉なことが

日本中でたくさん

おこっているんだと思います。

 

 

 

ツトムさんの状況

 

自分は家族のために

仕事を頑張っている、

 

自分の方が稼いでいるし

家にいられる時間がないのだから

 

家事と育児は

妻がするべきだ。

(最低でも夫目線で

頑張っていると思える基準くらい)

 

自分は仕事を

こんなにも頑張っていて

 

自分は会社でも

整理整頓を含めて

きっちり気を張ってるのに

 

妻は家を散らかしっぱなしで

だらしなくて、

毎日時間がたくさんあるのに

何してるんだ!!

 

 

モモコの状況

 

家事も育児も

全部一人でこなしていて

 

常に孤独な中で

育児に奮闘していて…

 

仲間になってほしい夫からは

家事の批判をされてばかり…

 

自己無価値感が常に刺激されてる。

 

 

 

そして

すれ違っていたものの

事故のこともあって

 

離婚はせずに、

再構築の道を選びます。

 

(あれだけ虐げてきた旦那さんを

 ギャフンと言わせるような

 最後を期待しました。

 

 離婚した後、

 自分では何もできない夫とか…

 

 やれば料理まで

 モモコよりうまいし…

 

 実はうちの夫も超器用で

 家事も育児も

 本当は能力高いタイプなので

 共感はしましたが…(><))

 

 

 

夫と離れたくて

収入を得られるようになったけど、

 

===================

実際に収入を得られるようになったら

 

自分が収入を得ることで

一緒に暮らしながら

夫が自由な働き方を

選ぶことができるんだよ、って。。

 

 

 

そりゃそうだけど、

とても正論だし、

 

 

もともとは

女性が働くことを勧めるサイトで

掲載されていた漫画なので

 

そういう結論にしたい気持ちも

すごくわかるけど、

 

 

現実的ではあるけれど

何か

スカッとしない…

 

 

共感した漫画だったけど、

 

 

せめて

漫画の中でくらい、

スカッとした展開を見たかった…

 

スカッと

 

っていうのが率直な感想でした。

在宅ワークの収入を変えた動画

4 件のコメント

  • 結局在宅ワーク(という名前の内職)の話w
    在宅で儲かるのは、文筆業か漫画家くらいでしょ。書きたくもないものを一案件いくらでチマチマ。「赤ペン先生」のほうがずっと楽しくてマシよ。
    専業主婦の旨味とは、仕事が出来て嫌味も言わない、そして子育てが将来的に楽しみだと思える優良DNAを持っている夫を捕まえること。
    「仕事してます」と堂々と言いたいなら、新卒からキャリアを積んで、30過ぎで結婚、福利厚生がいい会社で子供はひとり。これは学生の頃から頑張らないと駄目。
    「つらい仕事を家族のために…」って昭和かな?仕事の出来る男は仕事が好きなんですよ。そんなセリフを臆面もなく口にする夫を選んだことが間違い。

    • なつさん、コメントありがとうございました!!
      返信遅くなって失礼しました。
      子供が胃腸炎になってしまい、奮闘中でした(><)

      そうですよね…
      一般的に在宅ワークってこうやって認識されているんだろうなって
      大変勉強になりました。

      専業主婦の旨味についても
      「仕事してます」って言いたい場合に関しても
      おっしゃる通りだと思います。

      計画通りに行かないのも、また人生かもしれませんが…

      仕事のできる男は仕事好き、本当ですね。
      営業していた時のお客様に定年した老年の方で
      退職したらやりがいがないと悩んでいらっしゃった方がいました。

      赤ペン先生の在宅ワーク、やったことあります↓
      (https://rin01.com/saiten-zaitakuwork)
      1件140円、細かいマニュアルも日々変更されて
      楽しいイメージで応募しましたが、
      実際は非常に大変なお仕事でした。

      面接では「扶養抜けても大丈夫ですか?」と聞かれていたので
      期待していたのですが、
      通勤の採点者は時給で働いているため、
      先にそちらに仕事が振られて、
      人手が足りない分だけ
      在宅ワーカーに回ってくる感じでした。
      多い日で1日5件ほどで
      納期も短く、
      時間が拘束されるような仕事と
      掛け持ちは厳しいと感じました。

      長くなって失礼しました。

      私の場合は、物販の在宅ワークで
      月の利益30万円を継続して達成しましたが、
      今他のことも挑戦中です。

      在宅ワークは外で働くのと同様に
      夢があふれていると感じています。

  • こんにちは。
    興味深い漫画の解説ありがとうございました。

    残念ながらこんな意識の男性多いですよね。
    仕事していたらそれでOKって楽だなぁ~って思う。

    在宅ワークって内職程度の認知度しかないんですね。
    今はやり方次第で夫の給料より稼げる可能性もありますのにね。

    • なおさん、こんにちは。コメントありがとうございます!!
      こちらこそ
      なおさんのサイトとても興味深かったです!!

      在宅ワークは内職の認知度しかないことを
      痛感する出来事が最近ありました↓
      知り合いのママさんから…というツイート

      在宅ワークは外に出られないから
      仕方なくやる搾取される仕事ではなくて、
      自分で仕事を作れる夢のある仕事って価値観を
      微力でも広げられたらいいなと思います^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    内職で100円以下の時給だった子持ち専業主婦の私が、 ビジネスの勉強をして、 即効性のある物販を選んでやってみたところ 1歳、3歳のワンオペ育児中でも 4ヶ月で月商188万円、月収50万円を達成! 家にいながら収入を得たい女性を応援します!!