1日20分で子供に自然と勉強のやる気を出させる『ユダヤ式学習法』という本を読んで…

 

さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。

在宅ワークのAmazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

上の子は1年生になって

普段は

楽しそうに宿題とかしてますが、

 

分からない問題が出てくると

足をバタバタして癇癪を起こして

 

私が「わからないところを

 勉強するんだから大丈夫だよ!」

と言って教えようとしても

反抗して聞く耳を持たず…

 

ブー

 

勉強のことをどこまで

関わっていいのか分からない…

 

困った時の顔

 

かといって

これから授業についていけなくなって

学校自体が楽しくなくなったら

可哀想な気もするし…

 

ということで、

ある本をが気になったので

読んでみました。

 

ユダヤ式学習法の効果について

 

ちなみに、

その本の内容を実践した人の感想の中で

 

「子供から勉強しようって言うようになった」

「子供に自信がついて明るくなった」

という部分が気になりました。

 

小学生向けの本らしいですが、

中学生にも使える内容で

「偏差値が1ヶ月で9上がった」

「半年で5教科220点から400点に!」

なんて声もあります。

 

なぜユダヤ?ユダヤ人の方々のすごい実績について

 

本の題名は、『ユダヤ式学習法』

 

なぜユダヤ?と思う方も

いらっしゃると思うので、

 

子供のやる気を自然と高めて

自分から勉強したくなる子に変える秘密を持つ

ユダヤ人の方について少しだけ書かせてください。

ファイト

 

ユダヤ人の人口は1340万人と言われていて

東京都の1396万人よりも少ないくらいです。

 

にもかかわらず、

ユダヤ人の中には誰もが知る

偉人や有名人が数多く含まれています。

 

アインシュタイン、

ラルフローレン、

スティーヴン・スピルバーグ監督、

マクドナルド創業者のレイ・クロック、

Google創業者のラリー・ペイジ、

Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ、

・・・・

まだまだ誰もが知る大統領、作曲家、歌手など

色々な分野で活躍している方々が多くいらっしゃいます。

 

そして、

この世界のたった0.2%のユダヤ人の方が

ノーベル賞獲得者の22%を占めているという

事実があります。

がーん

アメリカの人口割合で

ユダヤ人の方は全体の2%に満たないのに

難関大学の20%〜33%がユダヤ人で、

卒業後も、あらゆる分野で活躍している、

という事実にも驚きを隠せません。

 

(勉強以外でも力を発揮している方々は
  非常に多いのですが、
 数値としてわかりやすいので
 勉強に関する記述にさせていただきました。)

 

本には、こんなことが書かれていました。

ノーベル賞を独占し、才能豊かな人材を数多く育て、

なおかつ高い学力を身に付けているユダヤ人。

 

実は、そんな彼らが自分たちの勉強に利用している、あるテクニックがあります。

 

別に私は、

「この方法でお子さんに勉強させればアインシュタインのようになれますよ」とか

「ノーベル賞が取れるようになれますよ」などと言うつもりはありません。

 

日々の勉強や生活の中にユダヤ人が使っている

この学習法のスパイスを付け加えることで、

手軽にお子さんの『学力』と『やる気』を引き上げてみませんか?と言う極めて現実的な提案なのです。

 

この本を実践して

子供が勉強を楽しめたらいいな…

と思ったことと、

 

「子供の勉強、関わり方がわからない…」

という、私と同じような悩みを持つお母さんにとって

役立ちそうな本だったので

シェアしてみたいと思いました!

 

子供が自然と勉強したくなるための前準備について

 

この学習法は、1日20分で実践できるのですが、

『子供が学んだことを親に教える』

という学習法です。

 

親子で対話をすることが必要なので

まずは、準備段階として

親子のコミュニケーションを深めます。

私みたいに上手な関わり方とか

自信がない人でも

手順を追って進められるようになっていました。

 

まずは、子供の話を聞くことを意識する

 

最初に勉強以外の話題で

子供の関心がある内容について質問したりして

子供の話を聞いて、子供への理解を深めます。

 

この時に、笑顔であいづちをうちながら、

子供の目を見て聞くこと、

子供の話に共感すること、

話を楽しもうという意識で聞くことに心がけます。

なるほど〜 さとりん

子供から愚痴や悩みがでてきたら

信頼性が深まったサインなので

次の段階に移ります。

 

信頼関係が深まった段階で勉強面に関する話を聞く

 

次は、勉強の話も含みながら

子供の話を聞いて、

勉強で悩んでいることや不安に思っていることも

聞けるようになったら次に進みます。

 

興味を持ってもらい、自分からやりたいと思うよう働きかける

 

次に、子供に

ユダヤ人について説明して興味を持ってもらい、

 

彼らが生まれつき

頭の良い民族ということではなく、

特別な勉強法があって、

1日20分でできるけれどやってみたいか…

 

子供の勉強の悩みの解消になることと

結びつけて話します。

(本の中では、子供への話し方の参考が 
 一言一句まで書かれていました。)

 

実践内容について説明する

 

子供に学習法について

実際に何をするかの内容を伝えます。

(学校で習ってきたことに関して

子供が先生役になって親に教えること)

 

(子供がためらったら、フォローするから大丈夫と励まします)

 

 

一番説明しやすそうな教科を1つ

前日までに選んでもらって

当日の朝に、

「今日、例の科目を教えてね!」と

約束するようにします。

 

ここまでで準備はおしまいです!

ポイント

子供が自発的に伸びていく『ユダヤ式学習法』の実践

 

そして、子供に教えてもらう時には

親に説明するイメージではなく、

 

自分より小さな子に教えてあげるように

早口で話すのはダメ、説明の省略もダメ!と

約束をして

 

まずは、

何も見ずに説明してもらって(5分目安)、

その後、ノートを見ながら

説明してもらいます。(15分目安)

 

 

人に伝えようとすることによって

学んだ内容の定着率が上がるし、

授業を受ける姿勢も変化して

勉強が好きになるという方法でした。

 

はーと

 

そして、実践する中で

子供が楽しく実践できるように

親も生徒役を演じて聞き役に専念することや、

うんうん

説明を組み立てるのが難しい場合には

授業の流れを子供に聞いて

目次を作ってから始めること、

 

子供の自信を育てるために

過程や成長に関して褒めること、

など、楽しんで進めるための工夫が書かれていました。

 

ユダヤ人のお友達のいる方にお話をお伺いすることができました。

 

ちなみに、

ユダヤ人のお友達のいる方に

教えていただいたことなのですが、

 

 

全てのユダヤ人の方に当てはまるかは

分からないけれど…という前置きとともに

 

その方のお友達(ユダヤ人)のお子さんも

とても自立していて優秀で、

間違えることを恐れずにチャレンジし、

自分の言葉で意見のできる子だそうです。

 

 

今回の本の学習法も

その場の点を上げるとかの

一時的な方法ということではなく、

 

生きていくのに大切な

伝える力や思考力が

自然に身に付く方法だと思いました。

 

 

補足

本の中では、

ホワイトボードを用意することで

先生役がやりたい気持ちに熱が入ります、

というようなことが書かれていたので

 

ダイソーでホワイトボード、

ペン、消すものを購入…

張り切って授業を始めてくれました。

下の子:「先生やりた〜い!!」

私:「順番でやろっか〜」

てんてんをつけると

意味の変わる言葉を探す授業でした。

プリントも作って張り切ってました。

下の子が学校に上がる頃には

我が家に先生が増えそうです(笑)

 

ちなみに本の中では、他にも

教科によっての具体的な活用方法や

子供の表現力を育てる方法なども

詳しく書かれていました。

 

ご参考までに貼っておきます!

レビューも参考になるかと思います。

 

 

補足

こうやって育児の情報も書いてますが、

私は色んな在宅ワークを経験して

あまりお金にならなかった経験、

お金がない絵

その後在宅ワークであっても

Amazonの集客力を利用して

正社員以上の収入が

得られるようになった経験から

子供のいる主婦が在宅でもできた在宅仕事、

ワンオペ育児中の専業主婦の私が、在宅でのパソコン・スマホ作業の中で一番収入を得られた仕事【画像付き】

在宅の収入を上げるために役立った無料動画についても

書いています。

【なぜ無料?】主婦が在宅でも十分な収入を得られるようになったオススメ動画を紹介!

 

在宅ワークの収入を変えた動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)