主婦の在宅ワークに開業届はいる?出した時のメリット・デメリットは??

主婦の在宅ワークに開業届はいる?出した時のメリット・デメリットは??

 

さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。

在宅ワークのAmazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

主婦の在宅ワークで

開業届なんて必要ないと思われるかもしれません。

 

実際に在宅ワーク歴6年になりそうな私ですが、

一昨年までは出さずに在宅ワークしてました。

 

開業届なんてものがあることすら知りませんでした。

うれしい

 

でも、

主婦の在宅ワークであっても

出した方が良い場合もあることがわかりました!!

開業届を出すのは無料だしとっても簡単です!

書き方とか出し方はまた別で書きます。

 

 

今回は、どんな場合に

『開業届』を提出するとデメリットがあるのか、

それを上回るメリットはあるのか、書いてみたいと思います。

 

ポイント

ちなみに

私はAmazon物販を始めたタイミングで

開業届と青色申告の申請を同時に出してみました。

 

売り上げも上がっていない、

まだ納品もしたことがない時期に提出する必要があったのか… 

 

実は調べずに提出すると損になっちゃう場合もあります!!!

気をつけて

 

主婦が開業届を出すことのデメリットって?

 

私が開業届について色々調べた時は

自営業を始める人向けの情報が多く、

主婦の在宅ワーカーにとって足りないと感じました。

 

特に、1つ目は知らなくてビビりました。

 

デメリット1:開業届を出すことで健康保険の扶養から外れる可能性がある

医者

 

旦那さんの扶養に入っている場合、

所得税や住民税など税金の面では

収入が増えた時に扶養から外れるので、

開業届を出しても出さなくても変わりません。

 

ただ、社会保険(健康保険)の扶養は

会社によって決まりが違うので、

規定が「開業届を出すことにより扶養から外す」という場合、

収入に関係なく扶養から外されてしまう可能性があります。

 

扶養に入っている場合は

旦那さんの会社の規定を調べてから

開業届を提出するタイミングを検討した方がいいです。

 

デメリット2:雇用保険に入っている場合、失業保険がもらえなくなる

お金が欲しい

雇用保険に入っている場合は、

開業届を出すと

仕事をやめた時に失業したとみなされないので

失業保険はもらえなくなります。

 

デメリット3:確定申告をしないと税務署から連絡がある

スマホ

開業届を出しているかにかかわらず、

年間で38万円以上(副業は20万円以上)の収入がある場合、

年に1度、売上や経費を伝える必要があります。

(確定申告と言って毎年3月中旬が締め切りです)

 

 

開業届を出すのは、

「事業を始めました」と申請することなので

収入があるんじゃないかとみなされて、

確定申告をしていないと税務署から連絡があります。

 

補足

もし開業届を出しても収入がない場合は、事情を話せば大丈夫です。

 

 

逆に主婦の在宅ワークでも開業届を出すことのメリットは?

 

確定申告…と聞いて

面倒くさそうだなって思いませんでしたか?

 

私も面倒くさそうだなって思ったし、

できることならやりたくないなぁ…とか思いました。

なきたい

でも、書いたように

年間で38万円以上収入があったら必要なので

 

ただの在宅ワークであっても、

毎月約3万2千円を超える収入が欲しい場合は

どちらにしても確定申告は必要なわけです。

 

そしてその時に、

税金が少なくて済む方法を選ぶこともできる

開業届についてのメリットをあげていきます。

ファイト

 

メリット1:税金の節約ができる(青色申告)

在宅ワークの収入

開業届を出す時に、青色申告申請と言う書類を出すと

確定申告の時に節税ができて得になります!!

 

補足

節税の内容は色々あります。

10万円か65万円の特別控除とか

赤字繰り越しとか

家族に給料を払ったのが経費になるとか…

 

青色申告申請をしたからと言って

絶対に青色申告しないといけないわけではないです。

 

どちらにしても開業届を出すなら損にはならないので

申請は出しておいた方がいいです!書き方はまた書きます。

 

メリット2:税金の節約ができる(小規模企業共済)

ほし

このページを書こうと思って

開業届について調べたら、

小規模企業共済という開業した人の退職金のようなサービスを見つけました。

 

かけた金額は経費になるので、税金対策になります。

私も入ってみようと思いました。

 

メリット3:保育園・こども園の申請にも活用できる

友達たちの図

子供が預けられなくて働けない、

仕事が決まらなくて保育園の申請が通らなくて困っている場合は

 

在宅ワークで開業届を出して

自営業として申請をすることも可能です。

注意
申請が通るかは待機児童が多いかどうかなど地域差があります。 

 

メリット4:自分の作った名前のお店で口座を作れる

通帳

開業届を出す時には、

屋号といって自分のお店の名前を書く欄があります。

 

自分の決めた名前のお店で銀行の口座を作れるようになります。

 

メリット5:キャッシュレス還元事業の申請ができる

キャッシュレス還元

 

私がやっているAmazon物販の在宅ワークでは

かんたんな申請で、お客さんに5%還元される

キャッシュレス還元事業者になることができます。

 

キャッシュレス還元事業者でなくても

カートの獲得(商品を販売すること)はできているので

そこまで優遇されるわけではないですが、

 

お客さんからすると5%還元はうれしいので

出品者を選ぶお客さんが購入する場合は

購入される可能性が上がります。

 

その時に必要な書類が確定申告か開業届の写しです。

 

補足

ちなみに私の場合は

 

確定申告の該当ページの見本があったのに

違うページの写しを送ってしまっていて

「不備です」というメールがきてまだ申請中です…すみません。。

キャッシュレス還元事業者申請

還元事業者でなくても売れてはいますが、

申請通ったらまた記事にします。

 

メリット6:個人事業主になれる

 

私は結婚するまえに

色々あって無職になってた時期があります。

プロフィールで書いています。)

 

その時にギックリ腰になってしまい、

地元の整体屋さんに行って

問診票の職業欄で「無職」を選んだら

 

カウンセリングでジロジロみられ、

「じゃあ毎日来れるでしょ!」と大声で言われて

悪気はなかったのかもしれませんが、

精神的にもしんどい時期で行きたくなくなった記憶があります。

 

妊娠して仕事をやめて赤ちゃんがいる時も

「仕事してないの?」とか

「旦那さんに食べさせてもらってるの?」とか

詮索してくる人もいました。

 

 

そもそも主婦として

しっかり家事育児ができていれば

気にもならなかったと思います。

 

 

でも私は家事が苦手で、育児も自信なくて

前より少しはマシになってきたとは思いますが

周りの専業主婦のママ友と比べても

すっごくすっごく卑屈になっていました。

 

 

初めての育児を人と比べて

これもできてない、あれもできてない…と

落ち込んでふさぎこんでいたこともありました。

 

 

そんな私でも

在宅でちゃんとした仕事ができることを知って

「在宅ワークでの可能性を探そう」と

頑張り始めてから精神的に少し安定しました。

 

 

専業主婦というのがはばかられるくらい

家事苦手だった私が

在宅ワークの収入から生活費が捻出できなくて

経済的な不安が強くて学び始めたことだったけど

 

挑戦していくのはいいことなんじゃないかと思いました。

【なぜ無料?】主婦が在宅でも十分な収入を得られるようになったオススメ動画を紹介!

 

開業届を出すことによって

自分で挑戦してみたいって気持ちが強まったと思います。

在宅ワークの収入を変えた動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)