漫画『妻が口を聞いてくれません』を読んで共感した夫へのイライラポイント【ネタバレ・イラストあり】

漫画『妻が口を聞いてくれません』を読んで共感した夫へのイライラポイント【ネタバレ・イラストあり】

 

さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。

在宅ワークのAmazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

心の内部まで深く描写する、

野原広子さんの漫画が結構好きで

『妻が口を聞いてくれません』を読んでみました。

 

妻が口を聞いてくれません妻が口を聞いてくれません

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

 

夫へのシカト攻撃からストーリーが始まる

 

漫画は夫側の目線から始まり、

 

理由はわからないけれど

妻が口をきいてくれなくなってから

だんだん家に帰るのが

怖くなることが丁寧に描かれていました。

 

===============

=========

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

 

旦那さん、かわいそうだな…

奥さん怖い人だな…

 

でも

これだけ怒ってるのは

何か理由があるんだろうな…

と思いながら読み進め、

?

 

5年という月日が経って

とうとう旦那さんが耐えきれず、

「離婚しよう」と告げたときに

 

奥さんが「私はまだ好きなのに」

と返すところで1章が終わります。

 

え!?なんで??

明らかに嫌いだったよね…

びっくり

 

ここまで意味不明だし

旦那さん目線で見ると全く解せません。

 

無神経で人任せな夫を期待せず諦めて過ごすことにした妻の事情

 

そして2章は、

奥さん目線で同じ時系列が描写されて

タネあかしになっています。

(野原さんの漫画はこういう書き方多いなぁ)

 

なるほど〜 さとりん

 

夫婦の間で何があって

奥さん側に

どういう気持ちの変化が起こったのかを

読んでいくうちに

 

限界が訪れていた状態で

『夫と口をきかなくても

一緒にいるのを選んだこと』が

子供への愛情だったことがわかりました。

 

=========================

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

お父さんに懐いていた小さい頃に

お母さんに一緒にいて欲しいと

お願いした子供たちも

もう甘える年齢ではなくなって、

真実を聞かされることになった夫。

 

なぜ奥さんが限界を迎えていたのに

夫は気付けなかったのか…

 

 

夫へのイライラに共感した箇所などを

書いてみたいと思います。

共感できる、共感できない、

色々なご意見あると思いますが

良かったらコメントしてください!

さとりん

 

大変だったね…って言って欲しいだけなのに

 

大変なことがあったとき、

聞いて受け止めてくれたら

気持ちがおさまるのに…

 

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

「・・・・」

これはなんだか、

話す気持ち自体がなくなります。

なきたい

 

子供っていきなり泣き出したりするけど

泣き止ませようとしていても

自分とは違う生き物でコントロールできないのに

冷たい顔をされるとこっちが泣きたくなります。

 

ママ友同士だったら

「大変だったね」って共感しあえることでも

 

夫に話すと解決策とか事前対策とか

結局「ちゃんとできてないからだよ」、

という結論になって

モヤモヤが残るところも共感しました。

 

うんうん

この漫画の旦那さんは

アドバイスしてあげた、と思っているだけで

妻の心が離れる出来事の一つとは

とらえられていないようです。

 

妻だけ寝られていないことへの配慮の欠如

 

小さい子供がいると

まとまって寝られないから

寝不足でイライラしているところで

 

 

夫だけ朝まで寝ている状態なのに

奥さんは家にいるから楽してる、

みたいに言われて

気持ちが落ちているところ…

 

めちゃくちゃ共感しました。

 

 

=============

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

相手への想像とか配慮って

大事だなと思いました。

 

 

私も寝られない時期に

 

夫だけが自分の部屋で寝ていること、

休日は頻繁に趣味に出かけること、

家にいる日は

昼まで寝るのを当然と思っていること、

ご飯以外は自分の部屋にこもって

趣味の活動や仲間とのやりとりをしてることに

イライラしていた時期があったことを思い出しました。

 

全然疲れが取れないなぁ  いらっ

夫は仕事が大変だったとは思いますが…

 

やってもらって当然、自分が動くことを考えていない状態

 

なんでもやってもらうのが当然で

自分で動くということを想定せずに

文句ばっかり言っている旦那さん…

 

 

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

 

この旦那さんの様子から

無償の愛情を降り注いで

手を焼いてきた『お義母さん』の姿を

想像しちゃいました。

 

お母さん想像図

 

お母さんにかけてもらった愛情を

家事の量や質で把握していて、

それを奥さんにも要求しているように感じました。

 

『お義母さん』…
話には登場しないんですけどね…

 

うちの夫のお母さんは

手取り足取りタイプではないので

夫は自立してますが、

 

お義母さんが家事完璧タイプなので

(夫の)基準が高くて

家事底辺タイプの私は結構しんどいです。

 

料理を作ってもらうことへの気持ちのなさ・妻が根に持つポイント

 

料理をしてもらうことに対して

感謝の気持ちもなく、

ただ文句を言ってるだけの旦那さん。

 

=================

====================

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

 

奥さんが口をきかない

最後の引き金になったのは

餃子のようですが、

旦那さんは全く気づけていません。

 

このエピソード見て、

奥さんの気持ちが離れていくのも

必然だと思いました。

 

ちなみに私の父もこのタイプで

「おいしい」とか「ありがとう」とか

一切言ったことはなくて、

いつも母の料理のダメ出しをしていました。

 

私のプロフィールはこちらから

 

母は、主人公の美咲のように

「期待せずにあきらめた」と言ってました。

 

 

昔付き合った元彼も

文句ばかり言うタイプの人がいて、

 

手料理を求めるのに

サンマの塩焼きに

大根おろしをつけないなんてありえない、

食べる気しない、など

 

料理のことも含めて、何に関しても

足りない部分を探して文句を言われて

暗い気持ちになったことを思い出しました。

 

困った時の顔

 

夫のお義母さんは

料理の上手な人なのに

 

うちの夫は私の料理でも

文句を言わずに食べてくれること、

「ごちそうさま」と言ってくれることは

ありがたいなと思っています。

 

食にこだわりがないそうです。笑

 

お父さんが子供たちからも邪険にされていくところがとてもリアル

 

以前、子育てセミナーで

夫婦仲が悪い場合には、

子供がお父さんをバカにするようになる傾向がある、

と教わったのですが、

さとりん

(私もそうでした💦)

 

 

話に出てくる子供たちも

お父さんへのあたりが強めになっていくところが

リアルだな…と思いました。

 

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

 

「妻が口をきいてくれません」の結末は…最後がホラー?

 

奥さんにはかまってもらえなくて

子供からも

『もう離婚してもいいよ』と言われ、

寂しくて泣きながら謝る旦那さん…

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

 

お互い謝って会話も戻って

解決したのかと思いきや、

奥さんは貯金を進めながら準備しているという…

 

引用:漫画『妻が口をきいてくれません

 

子供を守るために

表向きは

夫婦を続ける道を選びながらも

 

旦那さんへの不満や怒りは

解消していなくて

経済的な問題がなくなれば

捨てたいと思っていることを暗示していて

ある意味ホラーな終わり方でした。

 

ぞっ

 

野原広子さんの絵のタッチだからこそ

テンポがよくて

登場人物の内面も理解しやすかったです。

 

 

私の場合は、

妊娠期に体調を崩して仕事を辞めてから

自分の分担していた生活費が稼げなくなり、

貯金を切り崩しながら過ごしていましたが、

 

お金がない絵

 

今では在宅ワークながら

夫の扶養を抜けて

正社員時代よりも収入を持てるようになりました。

 

その原動力は

「夫を見返したい」だったことを

思い出しました。

ワンオペ育児中の専業主婦の私が、在宅でのパソコン・スマホ作業の中で一番収入を得られた仕事【画像付き】

 

以前は

「この人とは、

 もう分かり合える日はこない」

と思って

主人公と似た心境になった日もありましたが、

 

 

経済的に余裕が生まれてからは

夫に対して

イライラすることがあっても

昔ほど気にならなくなったな、と

漫画を読みながら思いました。

在宅ワークの収入を変えた動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)