物販の在宅ワークで、アマゾン倉庫に送らない方がいい例外のこと

物販の在宅ワークで、アマゾン倉庫に送らない方がいい例外のこと
 
さとりん

こんにちは、ワンオペ育児中の主婦、さとりん(satorin_01)です。


在宅ワークのAmazonでの物品販売で、
最高月商188万円、最高月利50万円を達成しました。くわしくはこちら

 

子供がいて預けられない…

 

在宅ワークといっても

小さい子がいると

なかなか時間が取れない…

 

そんな状態だからこそ

Amazon倉庫に商品を送っておけば

 

お客さんが注文した時に

勝手に送ってくれるシステムは

超ありがたいものでした。

 

このAmazonのシステムは

子育て主婦の救世主と思います。

 

 Amazon物販のしくみ

 

 

子育て主婦の他にも、

忙しいサラリーマンの方で

Amazon物販の在宅ワークを

副業に選んで

本業の収入を越えて

脱サラしている人も数多くいます。

 

(中には十分な利益があっても

 仕事は仕事で

 個人でできない内容で充実しているから!、 

 と会社を続けながらAmazon物販を

 している方もいます。)

 

 

 

1.Amazon倉庫に送らない方がいい場合も?

 

そんなありがたい

このAmazonのシステムですが、

 

ごく一部の商品は、

倉庫に送らない方がいいものも

あるので

今日はその話をしようと思います。

 

 

逆に自分で送る手間を

省くために

この一部の商品は仕入れないのも

手だと思います。

 

1-1.賞味期限が近いもの

 

Amazonの倉庫では

納品する時に期限が60日以上

残っている必要があるのですが、

(焼き菓子などは

事前申請すれば30日以上)

それよりも期限が迫っているものを

販売する時は

Amazon倉庫には送れません。

 

 

Amazon倉庫から送ってもらうためには

自分が倉庫に納品する時に

2ヶ月以上の期限があるものを

仕入れるようにします。

1-2.大型の商品の場合

私の場合はこれでした…

 

 

Amazon倉庫に納品しようと

商品を登録していたら、

大きい商品だけ

納品する倉庫の住所が違っていて

 

一緒に送ると思って

送料を考えていたので

その商品だけ自分で送りました。

 

いっぺんに送る時は

割安のヤマト便を利用させてもらってますが、

別で一つだけ送る時には

ゆうパックの方が安かったこともあります。

 

 

 

1-3.なかなか売れないものを売る場合

 

そもそも

なかなか売れないものって

仕入れない方がいい、

と前回の記事に書きましたが

Amazon物販の在宅ワークで主婦の私がリスクを減らすためにとった安全策

 

家にある不用品を売る場合も

Amazonで登録できます。

 

 

人気のないものでも

Amazonに出しておけば

売れることもあるだろう…

ということで

(メルカリを利用しない層の人でも

 Amazonはりようしていることもあり)

 

 

家にある不用品を

Amazonに出す場合は

人気のない商品のこともあるので

モノレートというサイトで調べても

いつ売れるか予想しにくいこともあります。

 

 

売れるものを仕入れる

普通の場合には

考える必要はないのですが、

 

 

Amazon倉庫に納品されても

1年以上売れないものには

長期在庫保管手数料というものが

かかります。

↓↓↓

 

長期在庫保管手数料

 

容量あたりで金額がかかりますので

大きいものだと割高になります。

 

家にある不用品を売る場合には

自分で送ることをオススメします。

(人気商品を除く)

 

 

2.Amazonに出品して、お客様に自分で送る時の送り方

 

自分の家にあるものが

売れた時には

こういうメールが届きます。

 

フリマアプリでの出品に比べて

値引き交渉はなく、

突然メールが届きます。

 

 

注文確定メール

 

やることは3つだけです。

 

 

2-1.納品書を発行する

メールにAmazonのページが

記載されているので

そのページに飛ぶと

納品書が発行できます。

 

2-2.発送する

その納品書を入れて梱包し、

お客様の住所に発送します。

 

2-3.発送したことを通知する

2-1で納品書を印刷した

Amazonのページで

発送通知というボタンがあるので

追跡番号がある場合は記入して

通知します。

 

これで完了です。

 

メルカリやフリマなどのフリマアプリと比べると

Amazonで不用品を出品することは

馴染みが少ないかもしれませんが、

家に眠っているものがあったら

この方法も試してみてください。

 

 

在宅でも収入をあげるきっかけになった

無料動画のことはこちらで書いています。

在宅ワークの収入を変えた動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)